uA-123456789-1 未来の風を読む

11不妊治療で病院の選び方は治療成績だけではなく妊娠率の根拠

不妊治療専門の病院・クリニックの正しい選び方。みなさんはどのように病院・クリニックを選んでいらっしゃるでしょうか。自宅あるいは職場の近くのクリニックにとりあえず行ってみるという方も多いと思います。もし本格的に不妊治療を始めようと考えたら、不妊専門の病院・クリニック選びは非常に重要になってきます。

10不妊治療で問われる生まれてくる子供の福祉と理解社会の向上

不妊治療を続けても難しい場合の選択肢 卵子提供の実情と課題。44歳のA子さんは、41歳の頃から不妊治療を開始して体外受精へと治療を進め、何回も胚移植を行ないましたが、妊娠には至っていません。最近は採卵を試みましが卵子すら採れなくなっており、「もうこれ以上、治療を続けても意味がないでしょうか?」と担当医に尋ねました。

9不妊治療で貴方はサプリを使用していますか厚生労働省も推奨してます

サプリを飲んでいますか? プレコンセプションケアという考え方。みなさんは「プレコンセプションケア」という言葉をご存じでしょうか。欧米から広まり、現在は日本でもその重要性が唱えられてきています。プレコンセプションケアとは「妊娠する前から、元気な赤ちゃんを授かるために自分の生活や健康を見直していきましょう」という考え方です。

8不妊治療では高額費用を覚悟する現実は早急に改善対策の必要!

不妊治療はいくらかかるのか? 高額費用が必要な治療の実態。お子さんを希望しているもののなかなか妊娠せず、不妊治療を開始して人工授精、体外受精へと治療を進めたAさんご夫婦は、「検査や治療費などで1人妊娠するまでに100万円以上かかりました」といいます。日本では公的医療保険制度の下、病気にかかった場合、

7不妊治療で精子を個人で取引は大きなリスクだが実は急増中

SNSでの精子提供の急増と個人間の取引に潜む大きなリスク。精液中にまったく精子がいない状態を「無精子症」と呼び、日本人男性の約1%にみられると言われています。無精子症と診断されても、「MD-TESE」と呼ばれる精巣内から直接精子を探す方法で見つけ出すことができる方もいますが、見つからない場合はご自身の精子で挙児を得ることは不可能となります。

6不妊治療中のコロナワクチンは全く心配なし!安心してください!

不妊治療中にコロナワクチンを接種して大丈夫なのか?コロナワクチンの職域接種が始まり、「不妊治療中にコロナワクチンを受けていいですか?」と質問される患者さんが増えています。中には、「コロナワクチンを打つと不妊になるとSNSで話題になっています」とおっしゃる患者さんもいらっしゃいますが、これはまったくのデマです。

5不妊治療の成績では日本が世界で最下位と普及はまだまだ後手

「体外受精」の実際の治療成績は? 日本は世界で最下位。体外受精を希望されるご夫婦の中には、「体外受精でも、できるだけ薬は使いたくありません」とおっしゃる方も少なくありません。もちろん、患者さんのご希望に沿った治療をすることは大事ですが、治療を開始する前に治療方法とその成績を十分に理解した上で治療に進んでいただきたいと思います。

4不妊治療で生まれる子供の数は16人に1人と普通の社会現象です

不妊を専門とするクリニックを初めて訪れたAさん夫婦は、「不妊治療にはどんな治療方法があるのかまったく知りませんでした」とのことでした。特に「体外受精」は一度は言葉を耳にしたことはあっても、実際にどんな治療をしているのかご存知である方は少ないのではないでしょうか。体外受精には大きく5つのステップがあります。

3不妊治療で検査に異常なしでも「治す」のでなく「補う」治療なのです

28歳のA子さんは結婚後2年たっても子供ができないため、不妊治療を専門とするクリニックを受診しました。不妊検査で「両側の卵管が閉塞している」と言われました。そこで卵管を広げて閉塞を解除する卵管形成術を受け、2カ月後に自然妊娠されました。不妊治療で妊娠したと聞くと、このように治療をして何かしらの原因を治し妊娠した、という経過を

2不妊治療ではまず卵巣年齢は何歳?かを調べる検査から始まります

「子供を希望しているのにできないが、どのタイミングで病院を受診すればよいか分からない」という声をよくお聞きします。 女性の年齢が35歳未満なら不妊期間が1年、35歳以上なら半年を目安に受診することをおすすめします。ただしこれはあくまでも目安であり、「生理周期が短くなっている」「生理周期が不規則」など何かしらの

スポンサーリンク