uA-123456789-1 アトピー性皮膚炎:ステロイドをやめたがリバウンドで挫折しそうです | 貴方のために未来の風を読む

アトピー性皮膚炎:ステロイドをやめたがリバウンドで挫折しそうです

アトピー性皮膚炎:10年使ったステロイドをやめたものの、リバウンドがつらくて挫折しそうです (23歳/男性)

スポンサーリンク

ステロイド離脱の専門家にサポートしてもらいましょう。

アレルギーとは、ある特定の物質にたいして過敏に反応することを指し、

アレルギーの原因となる特定の物質を、抗原(アレルゲン)と呼びます。

なにが抗原になるかは人それぞれで、卵やそばなど特定の

食品、花粉、ダニ、ハウスダストなど、さまざまなものがあります。

スポンサーリンク

アレルギー疾患には、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支ぜんそくなど、

いろいろな種類がありますが、発症するしくみは共通しています。

体内に入ってきた異物をリンパ球が抗原と認識すると、

抗体というタンパク質を作って排除しようとします。

これを抗体抗原反応といいます。

この反応が生じる過程では、プロスタグランジンやロイコトリエン、ヒスタミンなど、

発熱、炎症、かゆみ、発疹などを起こす物質がかかわり、

不快な症状が次々に現れます。副交感神経が過度に優位な人はリンパ球が多く、

抗体抗原反応が強くなるので、一連のアレルギー症状も強く出ます。

スポンサーリンク

子ども時代は副交感神経が優位でリンパ球が多いので、

あなたのようにぜんそくが終わるとアトピー性皮膚炎になるというように、

アレルギーを起こしやすくなります。

しかし、成長に伴って自律神経のバランスがとれてくると、

顆粒球が増えリンパ球数が減る影響で、アレルギー疾患は自然に治ります。

スポンサーリンク

大学に入ってからアトピーが目に見えてよくなったということです。

あなたが気づいておられるように、テニスサークルで運動をする機会が増えたことで、

交感神経が適度に刺激され、副交感神経の過剰な働きが抑えられ、

リンパ球過剰体質が改善されたからでしょう。運動を行って血流がよくなれば、

抗原を洗い流すことができるので、アレルギー反応も起こりにくくなります。

スポンサーリンク

この流れを進めていけば、早晩、アトピーは完治していたものと思われます。

しかしそうはならず、社会人になってからアトピーが再燃しました。

その原因は仕事上のストレスであり、アトピーを難治化させたのがステロイドです。

ストレスが強くかかると、交感神経緊張状態に陥り血流障害と低体温が生じ、

顆粒球が増えるために、皮膚組織の破壊が進行します。

ステロイドを使うことで、悪い流れに拍車がかかったのです。

スポンサーリンク

時間はかかっても、リバウンドの先には治癒が待っています。

いまはつらいと思いますが、希望を持ちましょう。

今後は医師や治療家の助けを借りるだけでなく、

ご自身でも治癒を促すための養生を行ってください。

血流を整え、体温を上げることが肝心ですから、

運動で汗を流したり、ストレッチや体操を行って体の柔軟性を高めるとよいでしょう。

ステロイドをやめたことで、大きなマイナス要因が1つ減りました。

今後はストレスから逃れる工夫をしましょう。

スポンサーリンク

新入社員ということで、仕事で失敗したり、

上司から注意を受けることもしばしばあり、ストレスがたまっているということです。

仕事にまつわるストレスを減らすための一助となるのが、日記をつけることです。

簡単なメモ程度でいいので、ご自身の行動の記録をつけてみましょう。

あとで読み返すと、意外と些細なことが多いのに気づくはずです。

もし失敗の原因が自分が犯した仕事上のミスなら、

ミスはミスとして認め、勉強だと思い、次回から気をつければよいのです。

スポンサーリンク

ただし、自分を神経質に分析し過ぎるとストレスになるので、

これもほどほどにしましょう。

ミスをしても、上司に怒られても、明けぬ夜明けはありません。

その日にあった嫌なことは、その日のうちに心の中で整理しておくことです。

悩んでもどうにもならないことはたくさんあります。

「なるようにしかならない」と開き直ることも生きていくうえでの知恵です。

先ほどお話ししたように体をよく動かすと、体温が上がり、

体の柔軟性が増します。体のコンディションがよくなると、

同じようにストレスがかかっても、柔らかく受けとめることができます。

ストレス対策は心身両面で進めていくことが大切です。

スポンサーリンク