uA-123456789-1 mazikaru | 貴方のために未来の風を読む

mazikaru一覧

親が子のために“代理婚活”ここまで来てしまった婚活事情を探ってみた

「婚活というのは、恋愛から始まるものとは違い、条件ありきから始まります。結婚が目的ではないはずなのに、条件にとらわれてしまいがちです。その後の夫婦生活のほうが圧倒的に長いのですから、相手をどう思うかを整理して、親子で共有することが大事です」

料理に塩をふりかける習慣は心疾患リスクを上昇させるので要注意!

心疾患の発症リスクを下げたいならテーブルソルトを食卓に置かないようにする方が良いかもしれない。日頃から減塩を実践している人でも、料理に塩をふりかける習慣があると、心血管疾患(CVD)の発症リスクの上昇をまねく恐れのあることが、米テュレーン大学公衆衛生・熱帯医学部教授のLu Qi氏らの研究で示された。

冬季の風邪の流行の原因は鼻の中の温度低下が原因にあるようだ?

冬になると風邪をひきやすくなるのはなぜなのか。その答えはどうやら鼻にあるようだ。鼻の中に侵入した上気道感染症の原因ウイルスは鼻の中で起こる免疫反応により除去されるものの、この免疫による防御作用は気温が下がると弱まることが明らかになった。

まだ「対米従属」を続けるのか? 対談『転換期の日本へ』を読んで

米大統領の支持という「外圧」を、憲法改正手続きを無視した「解釈改憲」の正当化に悪用してはならない>と。問題の本質をついた正当な指摘と言うべきである。残念なのは東京新聞以外の社説がなぜもっと的確な論説を掲げないのか、である。それが不思議なのである。国家権力への気兼ね、遠慮でもあるのか。これではかつての大東亜戦争中に全面的に戦争推進に協力する翼賛新聞へと堕した時代が再現されないという保障はない。

4月8日の花まつりに想うこと 二一世紀の「天上天下唯我独尊」

とかく自分さえ良ければよいという自利主義、自己中心の誘惑に駆られやすい。しかしこれは目先、得(とく)をしたような気分にはなっても後味(あとあじ)が悪い。利他主義の実践こそが「こころ晴(は)れ晴(ば)れ」となる。自利主義の「損得という迷路」に足を取られるよりも、利他主義の「幸せの大道」を選択したい。

目的意識を持つことが「長生きにつながる」は やはり本当だった!

目的意識を持っていれば、過去のことを悔やんだり、将来のことを心配して過ごす代わりに、目的の実現に向けて動くものだ」と述べる。そして、「健康的に長生きしたいのなら、自分にとって重要なことをするのに忙しい毎日を過ごすべきだ」と助言している。

コスパが悪い? 結婚ほど不確実なものはないという価値観に後悔は?!

「誰に紹介しても自慢できるような、人間関係をソツなくこなせる女性が理想です」スペックだけでは決められない。やっぱり、好きになった相手と結婚したいから。婚活ブームに乗って、結婚という「ゴール」に向かってひたすら走ることができた頃は、まだよかった。ふと立ち止まって考える。「結婚=幸せ」なのだろうか? 真剣に考えれば考えるほど、わからなくなる。「結婚はコスパが悪い」とさえ感じられる今、結婚する意味って一体、何なのだろう。

実は10代より多い「40代の予期せぬ妊娠」 貴女ならどうする?

安心してセックスに向き合える環境が一番大事です。若い世代には少しずつそういう意識が浸透してきているのかなと思いますが、30代、40代の方はそこが抜け落ちたままだったりする。中年になって改めて避妊について産婦人科に話を聞きにいくのは勇気がいると思うんですね。

学年で1位に成れる子に育てる親が必ずやらなければならないこと!

子どもがいる家庭では、教育費をどこまでお金をかけるべきか、考える人も多いのではないでしょうか? 共働きで4人の子育てをするブロガーのベリーさんは、できるだけ家庭学習で進めているそう。このたび、小学校入学前のお子さんへの家庭学習もスタート。どのようなことを意識しているのか、教えてもらいました。

50代なら「服を買わなくてもおしゃれを楽しむ」3つのコツ!

服の節約は、ほかの出費と同じように大事なポイントにはお金をかけたいもの。冠婚葬祭や仕事着など、どうしても必要な場合もありますよね。そのために節約できるところは節約し、ときにはレンタルなども視野に入れつつ、メリハリのある出費ができるといいと思います。 節約しながらも上手に大人のおしゃれを楽しみたいですね。

スポンサーリンク