uA-123456789-1 ガンと向き合い生きていく | 貴方のために未来の風を読む

ガンと向き合い生きていく一覧

「抗ガン剤は効かない!」むしろ抗がん剤でガンは止められない!!

「抗ガン剤で殺される」には、厚労省も抗ガン剤は効かない、なんなら増ガン剤と認めています。薬にもよりますが、少量で短期の服用なら、毒物の代謝機能を担っている肝臓や腎臓が薬毒を処理してくれますが、それが習慣化すると副作用は確実に現れる。しかし短期でも長期でも、また分量や服用する人の健康状態に関係なく、薬が毒物である以上その影響は必ずあるわけで、それがいつ副作用となって現れるかは誰も予測できない。

卵巣ガンは定期的検診が大切!75%以上が進行してから発見されます

卵巣がんの病理分類では悪性腫瘍の大部分は腺がんで、「漿液性腺がん」がその約75%を占めます。この場合は化学療法は効きやすいのですが、一方、「明細胞腺がん・粘液性腺がん」は化学療法が効きにくく、 厳しい経過を取ることがしばしばです。 病期は治療法を選択するためにも重要です。Ⅰ期は「卵巣に限局している」、Ⅱ期は「骨盤内に限局している」、Ⅲ期は「腹腔内に広がる」、Ⅳ期は「遠隔転移がある」場合です。

食道がんの知識と生存率ですが早期では症状が表れにくいです

進行した食道がんの手術では、がんを中心にその部位の食道を切除し、さらに近くの転移リンパ節も切除するだけでなく、切除された食道の代わりに胃や腸を使って食べ物が通る通路がつくられます(食道再建)。 そのため、手術時間が長くかかることが多いのです。 他に病気があったり、患者さんの体の状態などにより、手術が選択されずに放射線治療や抗がん剤治療が行われる場合があります。

胃がんの治療法は「手術」と「内視鏡」のどちらを選ぶのが良いですか?

患者さんによりますが、手術後に胃がある・なしでは、食生活が変わってきます。胃がないと食物が一度に腸に流れ込むようになり、ダンピング症候群という不快な症状が出ることがあります。食後に汗をかいたり、動悸が表れる場合もあります。そうした患者さんは、よく噛んで食べる、ゆっくり食べる、1回の食事量を調整するなど、いろいろな工夫で克服されているようです。

急性骨髄性白血病は若年者(65歳未満)の5割が治癒すると言われます

白血病は、骨髄で白血球がつくられる初期の段階でがん化したものをいいます。白血病細胞は、血液の中で全身を回ります。ですから、固形がんでのステージでいえば、病気が始まった時はすでにⅣ期といえる段階です。 しかし、たとえば手術できないほど進んだ胃がんや肺がんで、「治らない」とか「余命は1年」などと告げられる場合とは大きく違います。

肺ガンは死亡者数が最多です・減らすにはまだまだ時間が必要です

たばこを吸わない方の肺がんもあります。たばこだけが肺がんの原因ではないのです。肺がんには、「小細胞肺がん」(約20%)と「非小細胞肺がん」(残り80%)があります。小細胞肺がんは進行がとても速いのですが、抗がん剤、放射線治療も有効で、限局して見つかると治癒される方も多くみられます。

胆のうガンは進行すると根治手術が難しいので早期発見が大切です!

胆石を持っている人は、胆石のない人に比べて10倍高い頻度で胆のうがんになるといわれています。最近は、先天的に膵管と胆管の合流異常があると、胆道がんが発生しやすいことも分かっています。 先日、72歳で亡くなられた俳優の渡瀬恒彦さんの胆のうがんが見つかったときは、すでにステージ4だったそうです。おそらく、その時点ですでにリンパ節へ転移し、周りの臓器にがんが浸潤していたのではないかと思われます。

ガンが遺伝するというの根拠は現在の解明ではごくわずかでしかない!

友人に『あなたの家は、がん家系ね』と言われました。私もがんで死ぬのでしょうか? 婚約する前に、 相手に言わなければならないでしょうか?」 2人に1人はがんになる時代ですから、親戚にがんの方がいない方がまれかもしれません。確かに、遺伝するがんはあります。しかし、はっきり遺伝するがんと分かっているのは、がん全体のごくごくわずかにすぎません。

「ガンにならない方法」は科学的に本当はあるのですか??

がんにならない方法、そんなうまい話は本当にあるのか? それが分かっていたら、こんなにがんで亡くなる人はいないはずではないか。 世間には「がん予防法」があふれていますが、信頼の置けないものも少なくありません。科学的根拠がはっきりしたがんになるリスクを減らす、がんを遠ざけるその方法を挙げてみます。

すい臓ガンは様々な治療が現在も継続して行われ研究を続けています!

膵臓がんのリスクファクターとされている因子(家族歴、糖尿病、膵炎、膵嚢胞、喫煙、大量飲酒、肥満など)を複数持っている方には積極的に受診を勧め、超音波診断などでスクリーニングします。そして、所見のある方は基幹病院で専門的な検査を行います。早期の膵臓がんを発見することができて、5年生存率が向上したという報告もあります。さらなる診断・治療の進歩が期待されます。

ガンは「ステージ4」でも長く生きられる患者はたくさんいるのです!

「ステージ4」とは、がんが発生した場所以外に遠く離れた場所へ転移している場合につけられる病期です。ですから、さらに病気が進み、積極的な治療ができない状態となれば「末期がん」と呼ばれ、命に関わります。ただ、がんの種類によって、または同じがんでも、がん組織の悪性度によっては進行や病状が異なります。とても早く進むがんもあり、進行がゆっくりしたものもあります。

スポンサーリンク