uA-123456789-1 健康に関すること | 未来の風を読む

健康に関すること一覧

30歳若返りのクスリ ハーバード大が世紀の大発見!!

不老長寿が、とうとう実現できる! そんな予感をさせる研究成果が挙がり始めた。どんどん進む「老化の原因」の特定で、「加齢」はいつしか「病気」の一つに分類されるという。私たちが年をとったとき、人間の寿命はどこまで延びているのか。不老長寿は実現しているのか。科学的な裏付けのない「アンチエイジング」と称する怪しげな健康法やサプリが今の日本には溢れている。

認知症の早期発見は危険!心の不安など「害」大きいだけです!

認知症の早期発見は危険!無駄な医療費や薬の副作用、心の不安など「害」大きく認知症の早期発見に関して否定的な発言ばかりしていると、認知症医療の邪魔をするなとお叱りを受けたりすることがあります。しかし、筆者は早期発見はやめたほうがいいとは言っていますが、認知症の医療が無駄とは一切言っていません。

白内障手術は見え方に過度な期待は禁物です!

加齢とともに誰もがなるといわれる白内障。治療のための手術は短時間で、日帰りも可能だが、術後の見え方に不満を抱く人も少なくないという。術前の過度な期待とのギャップが不満の原因となっている面もあり、専門医は「メリットとデメリットを理解したうえで手術を受けて」と呼び掛けている。

アレルギー性鼻炎は「免疫療法」で根治可能に 最新治療

通年性アレルギー性鼻炎の9割はダニに反応してアレルギー症状が出る。これまで対症療法しかなかったが、昨年、根治が可能な治療が登場した。レルギー性鼻炎には、一年中症状がある「通年性」と、一時期だけの「季節性」がある。後者はほとんどが花粉症によるものだ。通年性の治療はこれまで、(1)アレルギーの原因物質アレルゲンを吸い込まない(2)薬物治療──の2つだった。

糖尿病治療 年齢によって処方される薬の種類に違いあり

「糖尿病」は予備群を含めれば患者の数は2000万人に及び、日本人の国民病ともいえる。ところが、同じ病名なのに60歳を境に、合併症の危険や治療の常識が変わるという。では、60歳未満と以上とでは、治療法にどんな違いがあるだろうか。糖尿病の治療において、血糖値の指標であるヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値目標が設定されるが、世代によってこの数値にも違いがある。

人間ドックやがん健診を受けない医師が多い?やはり無意味なのですか?

今回は、津波の話です。5年前の3月11日は本当に悲惨でした。“極論君”は、「できることはなんでもやる。つまりスーパー防潮堤を築いて、そして高台に全部町を移す」という主張です。一方で“非常識君”は、「100年に一度ぐらいの災難は、素直に受け入れる。

スポンサーリンク