uA-123456789-1 健康に関すること | 貴方のために未来の風を読む

健康に関すること一覧

夏バテ防止法で一番効果的な対策は水を飲むことなのです!!

夏バテを防止する方法は? なんだかんだありながら、私が決定的に効果的だと感じましてしまったのは、次の方法だ。  「水を大量に飲む」 ── 夏バテ防止法には、なんだかんだある。  高校球児には、「梅干しを食べる」という人法があって、 2007-08-10 の夕刊(朝日か読売)で紹介されてた。  なるほど、大量の汗でミネラル分が失われているのを、補給するわけだ。高校球児のように大量の汗をかく場合には、たしかに有効だろう。 (スポーツドリンクよりもずっと有効だった、という体験談きがある。 ) しかしていながら、高校生のように低年齢とは違いまして、中年になると、高血圧が気に触る。

血液さらさら!脳梗塞、糖尿病、高血圧を薬なしで治す方法があります!

納豆から発見された酵素(たんぱく質)。血栓を溶かす働きに優れ、人間が生まれながらにして持っている血栓溶解酵素プラズミンよりも強力に働く。納豆菌の繁殖によって粘りの中に作り出されるので、十分に糸を引かせて食べるとよい。酵素なので加熱に弱く、70℃で失活(効力を失う)してしまう。納豆は日本生まれの発酵食品です。消化に優れ、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

脳梗塞のリハビリには手の関節を動かす訓練をぜひお勧めします!

麻痺している手首や指、肩やひじなどは、動かさないでいると関節がかたくなってきたりしてきます。これを防ぐために、手の関節可動域訓練を家でもぜひ行うことをお勧めします。この、手の関節可動域訓練とは、自分ひとりで麻痺していない側の手をつかい行えるリハビリテーションです。麻痺している側の手の指は、付け根が伸びたままの状態でかたまりやすくなります。

高血圧を薬に頼らずに下げる方法を教えます!!

高血圧解消には、適度な運動も効果的です。一番やりやすいのは、散歩です。血液循環がよくなり、肥満対策にも効果的です。散歩の後はストレッチをしましょう。主に大腿筋をストレッチします。ここの収縮が骨盤を歪ませ背骨にも影響します。その結果、血液循環が阻害され血圧も高くなります。水泳も血圧降下に効果的です。水泳をした後は平均で血圧が20前後下がります。また水泳ほどではないが入浴にも効果があります。

自然療法、玄米菜食で脳梗塞・高血圧・糖尿病を看病したら効果あり!

えらそうな女医は、糖尿病は治療しなければ2、3日中に脱水症状で倒れる脳梗塞は食事療法で治ると思わんとってと言ってたけど今日で3日目やけど砂糖なしの黒豆が甘く感じるて喜んでたり元気…ドキドキするけど、今日乗り越えたら、あの女医の言うたことはクリアか。とりあえず無事やでなんか自然療法や自然食やと病気や感染症もはねのけるようです!

糖尿病の症状を解消する簡単な方法があります!それは反射療法です!

血糖値に応じて体内で唯一、血糖を下げるホルモン「インスリン」を分泌するのがすい臓だ。すい臓が傷害を受けるとインスリンの分泌が減少し、糖尿病になる。足裏では土踏まずがすい臓に対応するゾーンだ。このゾーンをマッサージすると、すい臓の機能が活性化される。すい臓の右半分には、インスリンを生成するランゲルハンス島が地図の島のように約100万個前後点在し、それが刺激されると、この島内にあるβ(べータ)細胞が増加し、インスリンの分泌が促進されるのだ。

果物は糖尿病に良くないという説は全くのウソです!

「果物は甘いから糖尿病には良くない」と、考える人は多い。この説に真っ向から異論を唱えるのは、病気をなくす運動本部 外園診療所(東京品川)の外園久芳先生(79歳)である。外園先生は国立がんセンター第一病理室長の佐野量造先生に長年師事し、佐野先生との共同研究で胃ガンを治す食餌療法を創案。全国で講演会、合宿教室を開くなど、この療法を広めるための草の根運動を実施してきた。

血液さらさら効果のDHA&EPA含有量・カリウム含有量はこれです!

カツオは春先の初ガツオのより北上してたっぷり栄養を摂り、丸々太った秋の戻りガツオのほうが倍以上多くDHA・EPAを含む。 カツオに限らず、いわゆる旬の時期の魚を食べる事が大事。 調理方法としては、DHA・EPAは熱に強いので、煮ても焼いても差し支えないが、脂肪分を逃がさないために刺身、煮付け、南蛮漬け、鍋料理、ホイル焼きなどが良い。 焼く場合は、油を落とさないように厚切りで調理する方が好ましい。

風邪インフルにはエキナセア!風邪インフルにはエキナセアが効果抜群にいいんです!

風邪などをひいた時、病院で抗生物質を処方されることがあるかと思いますが、医薬品の抗生物質はウイルスに対してはあまり効果を発揮しません。しかし、このエキナセアには、インフルエンザやヘルペス、ポリオなどのウイルス系の感染源に対する免疫強化活性作用と、抗ウイルス活性作用が認められています。

リウマチの痛みからくるストレス。どう対処すればよいのでしょう?

痛みの意味を理解しましょう。痛み止めに頼りきらずに養生できます。これまで私は機会あるごとに、消炎鎮痛剤の健康被害について指摘してきました。だからといって「痛み止めを絶対に使ってはいけない」と言っているのではありません。薬には、直接症状を抑えこむだけでなく、体を楽にして安心感をもたらす効果もあります。こうした薬のメリットをすべて否定しているわけではないのです。

スポンサーリンク