uA-123456789-1 心の治療 | 貴方のために未来の風を読む

心の治療一覧

心の病は 西洋では「悪魔が乗り移った者」として 昔は 迫害をうけていた

日本では古くにはこころの病をもつ人びとを社会に受け入れて共存する文化がありましたが、西洋医学の広まりとともに失われてしまいました。では、ヨーロッパではどうだったのでしょう。ヨーロッパにおいても、古代ギリシャ・ローマの時代には「狂気」は単なる病気ではなく、超自然的なパワーを宿したものとして畏怖の念で見られていたようです。

弱気を 祈禱によって 追い払う 気分転換は あってもいいです!

日本においてはこころの病をわずらってしまったのは人間ならざるものが「憑(つ)いた」のが原因であり、元の人間に非はないとする考え方が主流だったようです。これを邪険にあつかえば、たたりや災いがあるかもしれません。そのため、そのような状態になってしまった人を社会が殺したり迫害したりすることはなく、むしろ丁重にあつかっていたのではないでしょうか。

超人的な パワーがれば 心の病をもつ人が 決して嫌われるだけの 存在ではない

なぜ、日本は先進国でも飛びぬけて精神病院が多いのか、今後の精神医療のあるべきスタイルとはいったいどういったものなのか――皆さんとその答えを探っていくうえで、ここからはこころの病を抱えた人たちが社会のなかでどうあつかわれてきたのか、歴史的な経緯からみていきたいと思います。

パワハラに 抵抗できず こころを病む 仕事や人間関係の ストレス解決とは?

こころの病をかかえた人を社会で支え共存していくのは、日本でこそ機能するシステムかもしれません。 わが国は戦後、欧米の精神医療システムを採用しそのまま今日まできましたが、そろそろ「日本の精神風土にあった精神医療のかたち」を考え、移行すべきときであると、私は考えます。

人間関係の いさかいを なるべく 避けようとする システムとは 何か?

通商や交易によって成立した社会では、あいまいさを許さず敵か味方かを明確に区別するシステムが出来上がりました。ヨーロッパはどうかというと、気候は湿潤と乾燥で、狩猟と農耕と牧畜によって成立した社会です。そこでは理性的・合理的なシステムが出来上がりました。

貧富の格差の拡大はその時代の“社会のありよう”を反映しているから

いま、うつやさまざまな依存症に悩む人が増えているのも、大もとを探っていくと社会のありように原因があるはずです。私は現代社会の人間関係の希薄さや、精神的に大人になりきれないまま社会に出てしまう人が多いこと、貧富の格差が拡大していること、全体的に豊かになり嗜好が多様化したことなどが原因ではないかとみています。

精神病院は 大量の 空きベッドを 抱えている

脳も臓器の1つですから高齢になれば記憶・知能を中心に、意欲や思考・感情等さまざまな機能が低下するのは当然です。いかに高度な医療をしても老いに抗うことは不可能ですが、認知症の進行を遅らせあるいは症状とうまく折り合いをつけながら、できるだけ社会のなかで余生を過ごせるようサポートすることは可能です。医療としてのシルバーケアと、福祉介護としての生活のケアは、似ているように見えてじつはまったく違うのです。

子育てを終えると、夫婦はまた 二人きりの生活に 戻ります

福祉介護の現場では、認知症のお年寄りが徘徊したり暴れたりすると、ベッドや車いすに縛りつけるなどして拘束してしまいます。本当はいけないことなのですが、少ないスタッフでたくさんのお年寄りのお世話をしなければならないので、やむをえずそうしたことが行われているのです。

「心の病」であっても やるべきこと/やりたいことが あるのです

こころの病を抱えた人たちに、ここまで時間をかけて向き合うことは、外来のクリニックでは不可能です。精神病院(入院施設)であれば強制的に依存を断ちきる環境は作れますが、退院してなお“断ちつづける”ことができるかは疑問です。これが、私が「依存から回復するにはデイナイトケアでなければならない」と考える理由です。

スポンサーリンク