uA-123456789-1 8月, 2020 | 未来の風を読む

2020年08月一覧

男性の看護師が求められる売り手市場の医療界

看護師は今が売り手市場であることは多くの人が知っています。ですから仕事を辞めようとしている看護師が非常に多いのも事実ですが辞めてしまって本当に良いのでしょうか?辞めるのではなく転職してみるというのはいかがでしょうか?職場環境が変われば、辞めたいといった問題が解決する場合もあります。

薬剤師になったはいいが本当にこの職業に将来はあるのか

今や薬学部・薬科大学の乱立により薬剤師の数が激増していると言われております。将来的には供給過剰と言われておりますがその背景には何があるのでしょうか。まず薬学部は6年制になりましたし新設大学の乱立によりこれまで卒業生が8000人程度であったものが14000人程度まで増えたことです。

薬剤師の主な仕事とはなんですか/今更聞けないですが

その前に薬剤師誕生の背景に触れたいと思いますが、薬の歴史そのものは紀元前4000年頃から始まったとされております。そして薬の調合を担行う薬剤師が誕生したのは13世紀頃の欧米とされています。そこで医薬分業という言葉を聞いたことがあると思いますが医薬分業とは簡単に言えば医と薬を分けることを意味します。

薬剤師が今後生き残るにはどうすれば良いのでしょうか

1薬局が受け持つ人口数をここでみて見たいと思います。平成3年(1991年)では1薬局あたり3,911人をカバーしていたのですが10年後の平成13年(2001年)では2,774人と減っております。ではその10年後を見ますと平成23年(2011年)では2,369人ですから薬局の対人口当たりの規模が毎年縮小していることが分ります。

スポンサーリンク