uA-123456789-1 4月, 2022 | 貴方のために未来の風を読む

2022年04月一覧

「子どもの貧困」は7人に1人と、10代の若年層の妊娠

わが国における子どもの貧困率は、7人に1人となっている。深刻化する「子どもの貧困」には、10代の妊娠率や未婚の妊娠率、早期の離婚率が関係している。若年層の妊娠は母子世帯の割合の上昇につながる。 若いうちに妊娠するというのが引き金になっているのだ。10代の望まない妊娠による悲劇には、次の3つの貧困が関係している。

ケミカルを利用し科学が食べ物が腐りにくくしてる人体への危険性

日本の水道水は他の国の何倍もの塩素が入っています。また水道水に入っている塩素で、ビタミンCが消耗されます。今は空気や水でさえもビタミンなどの必要量を押し上げているのです。海外で生活して日本に戻ってきた人は、日本の野菜や肉は味がなくなったと言います。甘くて柔らかくて見た目が綺麗で揃っていて…という消費者のニーズの見た目や形を重視して生産者も品種改良してきた結果、個性も栄養価も少ないものに変化してしまったのです。

朝 牛乳を飲んでから通勤電車に乗っても怖くない!美味しい牛乳飲もう

子牛ですら離乳期を過ぎると牛乳を飲まなくなりますが、人間だけが離乳期を過ぎても乳製品を摂りつづけます。自然の摂理に反しているので、体内で濃い粘膜を発生させ体液循環を阻害し、呼吸器系を詰まらせ、鼻炎耳管に波及し、中耳炎を引き起こしやすくなる。乳製品の動物性たんぱくを中和させる為に、骨のカルシウムが使われ骨粗鬆が発症しやすい。

いい汗をかくには普段から汗をかくことが大切という話をします!

●悪い汗が体に及ぼす影響。 ・疲れやすい、夏バテ、熱中症になりやすい ・体温がうまく調節できず、自律神経失調症になりやすい ・皮膚がアルカリ性になるので雑菌が繁殖し、ニオイやすい!。●良い汗をかきやすいタイプ・暑い地方の人やスポーツ選手など普段から汗をかき慣れている人。いい汗をかくには普段から汗をかくことが大切。

子供が風邪の時の薬はどのように処方すればいいですか?? 

親としては、子供の熱が40度近いと、びっくりしますが、高熱では脳症にはならないようで、高熱時にむやみに解熱剤を使うことで、病原菌と戦えなくなり、かえって重症になったりするようですし、解熱剤の(アスピリン、ポンタール、ボルタレン)は副作用(脳症)が心配なので、注意して使用したほうがいいようです。

電磁波と小児白血病の関係は危ないらしいので注意して生活しています!

WHOも認めた!電磁波が危ない!白血病発生に影響。IHオール電化・携帯電話・パソコンからの電磁波。長いのでまとめると、IHクッキングヒーター、電気カーペット・電気毛布はとりあえず、やめとく。高圧電線、電波塔の近く、オール電化のマンションの近くには住まない。が、手っ取り早い予防策か?

「乳がんと牛乳」 と「今あるガンが消えていく食事」という本を読みました

「乳がんと牛乳」と「今あるガンが消えていく食事」という本を読みました。乳がん、卵巣がん、前立腺がんの方は、一読をおすすめします。そうでない方も、今後の生活に非常に役立つ知識が満載ですので、おすすめです。ヘビースモーカーの人が全員、肺がんになるわけではないように、毎日、牛乳、乳製品、牛肉を食べたからといって、全員が乳がんになるわけではありませんが、防げるのなら防ぎたいし、できるなららりたくはないですよね。そう思われるかたは、読むことをおすすめします。

肉ばっかり食べてるとガンになる! という本を読んで見ました!

『乳がんと牛乳』を図書館で借りてから、乳製品をほとんどやめていたのですが、『葬られた「第二のマクガバン報告」』を読んでからは、お肉も買うのやめました。それまでは、たまにならいいかな~と、時々は買っていましたが、もうきっぱりと、買う気にはなれません。それぐらい説得力のある本です。今まで、教授や博士や医師の書いた健康本も読んできましたが、出所が?だったり、論拠の乏しい、その辺の健康本とは違います。

牛乳、乳製品、白砂糖接取者の再犯率 ~常識は疑ったほうが身のため!

某コミュニティーを見ているとライフスタイルが似ている方が多くて予防接種以外の食育の情報交換もたくさん出来ますいつも勉強になる情報ばかりなので健康、食育、免疫力アップの新情報を入手したら常識は疑ったほうが身のためシリーズとして紹介してみます。 牛乳、乳製品、白砂糖の害は知ってる方の間では もはや当たり前となりつつある常識だけれど、 今回は自然派育児で有名な真弓先生の講演会お話が すごくわかりやすく良かったので一部転載です

「抗ガン剤は効かない!」むしろ抗がん剤でガンは止められない!!

「抗ガン剤で殺される」には、厚労省も抗ガン剤は効かない、なんなら増ガン剤と認めています。薬にもよりますが、少量で短期の服用なら、毒物の代謝機能を担っている肝臓や腎臓が薬毒を処理してくれますが、それが習慣化すると副作用は確実に現れる。しかし短期でも長期でも、また分量や服用する人の健康状態に関係なく、薬が毒物である以上その影響は必ずあるわけで、それがいつ副作用となって現れるかは誰も予測できない。

血液さらさら!脳梗塞、糖尿病、高血圧を薬なしで治す方法があります!

納豆から発見された酵素(たんぱく質)。血栓を溶かす働きに優れ、人間が生まれながらにして持っている血栓溶解酵素プラズミンよりも強力に働く。納豆菌の繁殖によって粘りの中に作り出されるので、十分に糸を引かせて食べるとよい。酵素なので加熱に弱く、70℃で失活(効力を失う)してしまう。納豆は日本生まれの発酵食品です。消化に優れ、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

スポンサーリンク