uA-123456789-1 人は塩分が足りないと体力や気力が低下したり、体温が低くなります | 貴方のために未来の風を読む

人は塩分が足りないと体力や気力が低下したり、体温が低くなります

人は塩分が足りないと体力や気力が低下したり、体温が低くなります

その昔、日本では江戸時代に塩抜きの刑というのがあったのをご存知ですか?実は塩が少ないと元氣が出なくなるのです。

減塩療法の小学生時代

高血圧や腎臓が悪い人は必ずと言って良いほど減塩治療をされます。かくいう私も小学生の頃から腎臓が悪く、とにかく減塩、減塩と全く味のない食事ばかりを食べさせられてきたものです。

日本は厚生労働省が2000年に1日の食塩摂取量を10g以下に制限したところから、減塩ブームがスタートしたのですが、そもそもなぜ塩が体に悪いという話になったのかご存知ですか?

スポンサーリンク

塩=高血圧の方程式

1953年にアメリカのメーネリー医師がマウスに6ヶ月間毎日20g~30gの塩を与え続けた場合、マウスの体がどう変化するかという実験を行いました。

その結果、10匹中4匹が高血圧になり、塩は高血圧の原因になるという結果を公表したのです。

しかし、ここで注意していただきたいのは、20g~30gというのは通常の20倍の量を与えていたこと、また飲み水は真水ではなく、濃度1%の食塩水を与えていたのです。

これは人間に置き換えてみると、1日200gの食塩を40年間食べさせていた計算になります。すごい量ですよね!!

ただし、驚くべきことは・・・実は10匹中高血圧になったマウスはたったの4匹だったということです。過半数以上の6匹はむしろ高血圧になっていないのです。

スポンサーリンク

日本人は高血圧が多い?

さらに、1950年にアメリカの高血圧学者ダール医師が日本を訪れ独自に日本人の塩分摂取量の研究をした結果、日本は鹿児島など南の地方と比べ、東北地方など北部では1日平均28g塩分摂取量が多く、それが高血圧症の原因であるとの報告を受け、減塩運動がスタートしたのです。

しかし、冷静に考えてみてください。東北地方はそもそも寒い地方ですので、血圧を上げて血液循環を良くするわけですから、血圧が高いのは当たり前です。

スポンサーリンク

塩抜きの刑

こうして現代社会ではいまだに減塩ブームが続いているわけですが、実はその昔江戸時代のや戦後のシベリアでは拷問の一種として、塩抜きの刑というのがあったのをご存知ですか?

これは食事から一切の塩分を抜くという方法ですが、この塩抜きの刑にすると収容人は一気に元氣がなくなりバタバタと倒れていったそうです。

アメリカのテイラー医師も塩抜き実験を発表していますが、人は塩を抜かれると下記のようになるそうです。

3〜4日目:食欲の低下、冷や汗が出てくる

5〜7日目:全身の倦怠感

8〜9日目:筋肉の痙攣が止まらず実験中止

人は塩さえあれば生き延びれるとも言われていますが、逆に一切の塩をとらないと数週間で生命の危険が訪れるということなのです。

スポンサーリンク

低ナトリウム症

人は塩分が足りない体力や気力が低下したり、体温が低くなり、結果血流も悪くなり、胃腸に障害が出たり、冷え性になったりします。また熱中症も水分だけではなく塩分が足りないが故発生します。ナトリウムが不足すると、頭痛が起きたり吐き気を生じたりします。

では逆にどの程度摂取したら良いのか?という質問もよく聞きます。少なくとも私は1日20g前後は摂取しています。氣ついたら舐めるようにしています(笑)

スポンサーリンク

一番初めにも書きましたが、私は元々小学生の頃から腎臓が悪く、その関係もあり高血圧でしたが、大人になり海外へ移住したのをきっかけに元々のかかりつけの医師の診断を受けなくなり、自己判断で塩分を摂取するようになったことが功を奏し、現在は本当に健康になりました

運良く私の住んでいるインドネシアは海に囲まれた島国ですので海水塩はいくらでも取れます。

その中でも特に美味しいバリ島の自然塩に出会うことができた、お塩の大事さに氣付かされたことは本当に幸運でした。

そして今、私自身の体験を通して一人でも多くの人にお塩の大切さが広まってくれたと思い活動しています。

スポンサーリンク