uA-123456789-1 3不妊治療で検査に異常なしでも「治す」のでなく「補う」治療なのです | 未来の風を読む

3不妊治療で検査に異常なしでも「治す」のでなく「補う」治療なのです

不妊治療で検査に異常なしでも「治す」のでなく「補う」治療なのです

「不妊検査で異常なし」=「不妊ではない」ということにはならない

28歳のA子さんは結婚後2年たっても子供ができないため、不妊治療を専門とするクリニックを受診しました。不妊検査で「両側の卵管が閉塞している」と言われました。

そこで卵管を広げて閉塞を解除する卵管形成術を受け、2カ月後に自然妊娠されました。

スポンサーリンク

不妊治療で妊娠したと聞くと、このように治療をして何かしらの原因を治し妊娠した、という経過を思い浮かべる方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、実はこうしたケースは不妊治療の世界ではごくわずかなのです。

スポンサーリンク

不妊治療では、A子さんのように検査結果に基づいて、治せる原因がある場合にはそれに対する治療を行います。

しかし、妊娠までの過程はそのほとんどが体内で起こっており、検査で明らかにできることは非常に限られているのです。

スポンサーリンク

卵子と精子が正常に受精しているか、受精した胚が育っているのかは女性の体内で起きていて、もはや調べようがありません。

したがって、「不妊検査では異常がなかった」=「不妊ではなかった」ということにはならないのです。

スポンサーリンク

■不妊治療は「治す」のではなく「補う」治療

そもそも、検査で原因がはっきりとしないものを「治す」ことはできません。また、原因が見つかったとしても、卵巣機能が低下している、うまく排卵しない、精子が少ない、といった原因の場合、根本から「治す」ということは実は非常に難しいことなのです。では、不妊治療では何をするのか?

スポンサーリンク

38歳のB子さんは、1年間自分で妊活に励んできましたが妊娠できず、病院を受診しました。

B子さん自身には検査では特に異常がなく、ご主人の精液検査で「精子の運動率が低い」と言われました。そこで人工授精を行い、1回目で妊娠されました。

スポンサーリンク

この例では、原因である精子自体を治療しているわけではなく、人工授精によって運動率が低い精子を直接子宮内に注入することにより妊娠することができました。

つまり、不妊治療の大部分は「治す」ことではなく、低下している機能を「補う」ことにより、うまく妊娠できるようつなげる治療なのです。

スポンサーリンク

不妊治療では、不妊原因がはっきりしない場合でも段階的に治療方法をステップアップし進めていきます。

超音波検査で排卵の時期を推定して性行為の指導を行うタイミング指導から始まり、排卵の時期に合わせて精子を子宮内に注入する人工授精へとステップアップします。

スポンサーリンク

それでも妊娠されない場合には、体外受精へと治療を進めます。どのステップから治療を始め、どのくらいの期間で次の治療にステップアップするかは患者さんの状況により異なります。

最後に、体外受精はもちろん治療ではありますが、卵子をいったん体外へ取り出すことにより、受精、受精卵の発生といった通常では見えない部分が明らかになり、それまでわからなかった不妊原因が明らかになることも少なくありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク