uA-123456789-1 医学知識の無い素人が「本当の病状」を推し測る手立はあるのだろうか 2 | 未来の風を読む

医学知識の無い人が「本当の病状」に気づく方法あるのですか2

医学知識の無い素人が「本当の病状」を推し測る手立はあるのだろうか 2

データーには現れない医者の患者に対する見方としては患者の性格が一変する場合を見逃さないことも大切になって来るそうです。何の病気でもそうなのですが、死期が迫ると性格が変わってしまう場合があります。

温和だったのに、でも、「お前のせいで苦しい人生を送ることになった」とかの冷たい我がまま言葉や、「この病気もお前のせいだ」とかの一方的な理屈を付けて家族を困らせるような暴言を吐くようになれば、やはり医者は死期がが近いと判断するそうです。

例えばガン患者であれば特にそうなのですが、ガン細胞が脳や髄膜の表面にまで増殖してくると、起こる変化として医者は判断するのだそうです。

スポンサーリンク

その他にも痛みの訴え方もチェックポイントになります。

医者から言わせれば患者が痛い・痛い・と訴えているうちはまだ大丈夫だそうです。

本当に重症になった場合には、人は声も上げれずに、ただ痛いところに手をあてて声もあげずにうずくまるだけだけなそうです。

なるほど医者は素人とは違い観察ポイントを良く知っている中には食事の摂り方にも注意を当てているようです。

スポンサーリンク

これは看護婦からの報告になる場合が多いのですが、高齢者の場合は口から食事を摂ることが出来なくなれば死期が近いと判断されます。

そういう場合は1日500cc程の栄養点滴をすることで約3ヵ月は生きられるそうですがもしそれをしない場合は1週間程度で死を迎えることになるそうです。

スポンサーリンク

このように私達は日常、死と直面をする場合が殆どありませんが昔は違います。家族がそばいにて、介護は家族がするのが基本ですから、死期の近い親族を皆で観察しながら病状の変化を肌で知っていました。

今は仕事が忙しいですから、病院にや施設に預けますから、症状の変化は医者と看護師しか詳しくは分からないのが現実です。

ですからこれらの、余命を測る物差しを知っておくことで、私達一般人もある程度真実に近い余命判断ができるようになるのです。

スポンサーリンク

ただ、患者の症状を見ていて医者は家族には真実を告げなくてはいけません。病状をありのままに告げる医師は少ないのですが、真実を告げれば患者のショックは大きくなりますから末期の患者の家族には特に慎重になるようです。

スポンサーリンク

例えば末期のガン患者の場合は、すでに手の施しようがない場合などが殆どですから、もう痛みをとる以外は何も手の施しが出来ない場合があります。

このような場合は、患者さんには「抗がん剤ですよ」と嘘を言いながらモルヒネを使いますが、家族には本当のことを話し納得してもらいながら処置をしているのだそうです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク