uA-123456789-1 これで納得!インフルエンザの予防に効果的な対策とは? | 未来の風を読む

これで納得!インフルエンザの予防に効果的な対策とは?

インフルエンザの予防に効果的な対策とは?

厚生労働省のホームページより

免疫を作る最も効果的な方法は、インフルエンザに感染して自力で退治することである “という意見の正しさを検証してみたいと思います。

まず、この極端な意見が正しいのか間違っているのかわかりません。つまり、インフルエンザのワクチン接種は法律で義務付けられているわけではありません。

本人は自由です。65歳以上でない限り、基本的にはすべて自費になりますし、3000~5000円前後の接種費用は決して安くはありません。繰り返しになりますが、本人の自由意志です。

スポンサーリンク

そして、この話は実際に正しい。インフルエンザを自力で退治できる場合は「ストーリー的に」と言っています。

入院しないと治らないとか、何日も自宅療養しないといけないとかであれば、賢明な行動とは思えません。

一方、不顕性感染が「確かにインフルエンザに感染したが、発症しなかった」ということであれば、これほど有効な予防法はありません。

つまり、無料で、会社や学校を休む必要もなく、活性化したウイルスを予防接種したことになります。

ちなみに、現在使われているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンです。

そして去年までは、流行が予想される3種類のウイルスを不活化してワクチンを作っていました。

今年は3?4種類になりますので、ワクチンの価格が500円程度上がると言われています。

スポンサーリンク

不活化ワクチンよりも活性の高いワクチン、通常は病原性を低下させたワクチン、つまり弱毒化ワクチンの方が効果的です。

弱毒化ワクチンは生ワクチンとも呼ばれます。そのため、海外ではフルミストと呼ばれる鼻に噴霧するタイプのインフルエンザ生ワクチンが使われ始めています。

これまでのインフルエンザワクチンの効果が芳しくなかったため、このような新しいタイプのワクチンが登場したのです。

スポンサーリンク

免疫力を高める

以上のことから、本物のインフルエンザに感染しても発症しないことがいかに有効であるかがお分かりいただけると思います。

では、発症しないためにはどうしたらよいのでしょうか。

いわゆる免疫力、つまり感染を防ぐ力を鍛えることです。

どこまで本当かはわかりませんが、よく寝て、バランスのよい食事をして、体調を整え、万全の状態でインフルエンザウイルスにさらされれば、作戦は成功するかもしれません。

また、感染初期にマオウなどの漢方薬で早めに介入すれば、不顕性感染を脱することができるという意見を持つ医師もいます。

スポンサーリンク

また、この発言の延長線上には、水痘(みずぼうそう)や風疹(ふうしん)など、基本的に命に関わらない病気に対するワクチン対策もあります。

実は、このような基本的に命に関わらない病気は、子どものうちにしっかりと感染させておくことが大切です。

確かに、幼少期にしっかりと感染することで、最強のワクチン効果を発揮します。

逆に大人になってから水疱瘡や風疹にかかると、重症化する可能性があります。

そして風疹は、妊婦に感染すると胎児の奇形を引き起こす「先天性風疹症候群」を引き起こします。

ですから、大人になるまでに水疱瘡や風疹に感染していない人は、ワクチンを接種するべきです。

実際、よく理解していれば、非常識ではないということになります。

しかし、ワクチンを接種していない人がいると、流行が起こります。ですから、多くの人が行っているワクチン政策に従うことも、公衆衛生の観点からは重要だと思います。



スポンサーリンク

スポンサーリンク