uA-123456789-1 インフルエンザ・効果はお粗末?有効性はどうなのか? | 未来の風を読む

インフルエンザ・効果はお粗末?有効性はどうなのか?

インフルエンザ・効果はお粗末?有効性はどうなのか?

スポンサーリンク

「インフルエンザの予防接種はコスパが良いのか?」価格に比べて

有効性がどうかという質問ですね。

まず、価格ですが、市町村によっては65歳以上の方の接種を公費負担で行っています。

また、市町村が独自の助成事業で行っている場合もあります。

要するに、65歳以上は、予防接種法に基づく定期インフルエンザ予防接種の対象者なのです。

60歳以上で身体障害者1級に相当するような方も、定期インフルエンザ予防接種の対象者です。

該当する方はお住まいの地域の保健所や医療機関に問い合わせてください。

多くの方は、インフルエンザの予防接種を受けるとインフルエンザに

かからないと思っています。

しかし、予防接種をする医療器官ではそんな説明はけっそいてしません。

インフルエンザに罹ったときに重症化しないために接種するのですよと説明をします。

スポンサーリンク

なので、厚生労働省のHPにも「インフルエンザワクチンは、

接種すればインフルエンザに絶対にかからない、とは書いて無いで、

ある程度の発病を阻止する効果があると説明をしています。

そして、たとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果がるとだけ説明をしています。

そして、ダメ押しで、「この効果も100%ではないことに御留意ください」と書いてあります。

スポンサーリンク

金額の目安
費用の話になりますが、公的補助の類に該当しないときは、

ワクチン接種費用はすべて自己負担となります。

つまりは、医療機関から言わせれば、価格設定は自由なのです。

からくりはこうです:医療機関はワクチンを扱っている医療卸業者から

ワクチンを購入します。

そして、それに利益を乗せしてから接種しています。

なので、インフルエンザワクチンの価格のは、医療機関によっては、

3000円~6000円ぐらいの幅があります。

これは自由設定にていいので、その幅よりも安いことも高いことも存在する事になります。

コスパ敵に考えるのであれば、安い医療機関を探すことです。

では、適正な金額はいくらかということになります。

東京都では、65歳以上の方が接種を受けるときは助成額が2672円で、

自己負担額が2500円と説明をしています。

よって5172円が医療機関の収入となります。その金額がひとつの目安と

考えて良いかもしれません。

スポンサーリンク

患者にして見れば、「安いと効果が低いのではないか?」と不安になってきます。

確かにワクチンの製造業者も数社あるのです。

しかし医者は、どこの製造業者のワクチンを打っているかを説明はしません。

幸い製造業者によってワクチンの効果に差があるという報告は無いので、

あまりメーカーのことは医療サイドも気にしていません。

インフルエンザワクチンは毎年の接種が推奨されています。

理想は、ワクチンとは、天然痘のように一回の接種で

終生免疫が得られるものが一番最良です。

例えば、天然痘に対するワクチンは種痘といわれます。その効果は絶大です。

何故なら、死亡率が40%に上る天然痘を撲滅してしまいましたので。

スポンサーリンク

種痘に比べるとインフルエンザワクチンの効果はお粗末という他はありません。

最近では、インフルエンザにかかっても、抗インフルエンザ薬もあります。

また、麻黄湯という漢方薬もインフルエンザの初期には有効と考えられています。

私から言わせれば、「インフルエンザにあえて感染して、

そして自力でインフルエンザを退治することが最も有効な免疫をつくる方法だ」

と言いたいです

安心なのは、インフルエンザの注射で因果関係が否定できない

死亡例は毎年1例ぐらいです。

毎年数千万人が接種をしていますが、わずか1例の疑い症例ですので、

ほぼ安全な予防接種と考えていいと思います。



スポンサーリンク

ちなみに接種後2週間から効果は出始め、数カ月有効期間が続くとされています。

インフルエンザの流行が通常は12月から3月ですので、インフルエンザワクチンを接種するのであれば

12月初旬頃までには済ませ他方が良いと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク