uA-123456789-1 カップ麺を本当は食べてはいけない危険な医療のはなし | 未来の風を読む

カップ麺を本当は食べてはいけない危険な医療のはなし

カップ麺、食べてはいけない可能性…マスコミが報じない医療のはなし

スポンサーリンク

カップラーメンを食べ続けることで、さまざまな病気を発症する可能性もあります。メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧や高脂血症、さらに脳卒中や脳梗塞や心筋梗塞になってしまうリスクが高まるのです。

カロリーは多く含んであっても栄養価はほとんどないため、食事としてカップラーメンを摂っていても栄養失調になる恐れもあります。

どうしても食べたいときは、ノンフライ麺を選ぶようにし、スープは飲み干さない、野菜や海藻を合わせて食べるなどの対策を行うように心がけてください。そして、一週間に1回以上は食べないことが大切です。

スポンサーリンク

カップめんに限らずですが、「添加物」がその要因としてあげられます。
カップめんは特に多いので、毎日はやめた方がいいです。かといって、コンビ二の野菜系弁当を食べたところでそこにも「添加物」が豊富に入っていますから、変わりありません。

目に見えない、すぐに効果がでるものではないので、気にしないことが多いですが「食」は命に関わること、今のうちから改善された方が良いですよ。もっとも、かといって過剰に気にしすぎるのもなんですが、少しずつ回数を減らしてみては?

スポンサーリンク

国立研究開発法人は、日本人が食塩を摂取する源となっている食品の1位は「カップ麺」だと発表しました。「食塩の取りすぎが血圧の上昇と関連があることが明らかになっており、注意してほしい」と呼びかけています。

「食塩の取りすぎが血圧の上昇と関連していることは明らかで、世界保健機構(WHO)は成人の食塩摂取量の目標値を1日当たり5グラム未満とすることを強く推奨しています。

日本人の目標値は成人男性が8グラム未満、女性が7グラム未満となっています。

スポンサーリンク

そして厚生労働省の国民健康・栄養調査のデータを基にランキングを作成すると、1位がカップ麺で5.5グラム、2位がインスタントラーメンで5.4グラム、3位が梅干しで1.8グラム、4位が高菜の漬物で1.2グラム、5位がキュウリの漬物で1.2グラムだったそうです。」

カップラーメンが体に与える影響と、体に悪いと言われている理由について紹介します。

ビタミンやミネラルの不足と塩分の摂りすぎ
カップラーメンには野菜や海藻、肉類などがほとんど入っておらず、カップラーメンばかり食べる生活をしていると、確実に栄養が偏ってしまいます。

スポンサーリンク

また、カップラーメンにはかなりの塩分が含まれているため「ついついスープまで飲み干してしまう」という人は特に注意が必要です。
塩分を摂りすぎると腎臓に負担がかかり、むくみや疲労感などの症状もあらわれます。

化学調味料もふんだんに使われているので、食べ続けることで化学調味料の過剰摂取になり、最終的には味覚が狂ってしまう恐れもあるのです。

カップラーメンに使われている麺は、油で揚げたものが使われている場合が多いです。
この麺を揚げた油が空気に触れて酸化することで、毒性のある過酸化脂質に変化していると考えられます。

スポンサーリンク

酸化した油を摂ることで、腹痛や下痢などの症状が現れることも少なくありません。
また長期間摂り続けてしまうと、動脈硬化や細胞機能の障害などの健康被害が起こる恐れもあります。

塩分や酸化した油も体に悪影響を及ぼしますが、添加物にも注意が必要です。
ほとんどのカップラーメンには添加物が入っており、その種類はさまざまあります。
中でも気にしてもらいたいのが「リン」と「カラメル色素」です。

リンを過剰に摂取すると、腎臓機能の低下や体内のカルシウム欠乏症、さらに副甲状腺ホルモン分泌異常などの健康被害を引き起こす可能性を高めてしまいます。
カラメル色素にはいくつか種類がありますが、その中に発がん性のあるものも存在します。

大量に含まれていることはありませんが、摂り続けることで体内に蓄積し、細胞がガン化する恐れも考えられます。

スポンサーリンク

スープはできるだけ飲まない!

体に悪いイメージは、栄養素の面では「塩分が多い」「ビタミンが少ない」の2つが主因となっていそうです。前者の対策としては、スープをできるだけ飲まない、ということが挙げられます。

インスタントラーメンナビで食塩は4.8gでしたが、内訳は麺とかやくで2g、スープで2.8gです。一般的な食べ方をする限り麺を食べると同時にスープもある程度は飲んでしまうため、スープからの塩分を0にすることはできませんが、

麺を食べた後にスープも飲んでしまう、ということを避ければ、スープからの食塩2.8gを半分以下にカットすることはできるでしょう。

スポンサーリンク

「ビタミンが少ない」という点については、具材を足すことがおすすめです。

ラーメンに合う具で言うと、卵はビタミンに限らず幅広い栄養を含んでいますし、ほうれん草もビタミンが豊富なのでおすすめです。

もちろんラーメンの具として摂取することにこだわる必要はなく、野菜炒めや卵サラダなど、おかずとして食べるのも良いですね。

最近は健康への意識が高まっていることもあり、食品メーカー各社は健康志向の商品も出しています。

太りやすいという印象もカップ麺にはあるかもしれませんが、カップ麺単体では特に太りやすいということはありません。カップ麺そのもののカロリーはそこまで高いわけではないものの、残り汁でおじやを作ったり、ライスを一緒に食べたりする方が肥満に直結するのでご注意をしてください!

スポンサーリンク



スポンサーリンク