uA-123456789-1 血液さらさら!脳梗塞、糖尿病、高血圧を薬なしで治す方法があります! | 貴方のために未来の風を読む

血液さらさら!脳梗塞、糖尿病、高血圧を薬なしで治す方法があります!

血液さらさら!脳梗塞、糖尿病、高血圧を薬なしで治す方法があります!

スポンサーリンク

DHA … コレステロール値を下げ、高血圧や高脂血症、脳卒中、痴呆などを予防する
<多く含まれる食材>
マグロ、ブリ、サバ、サンマ、アジ、イワシ、ハマチ(養殖)、マダイ(養殖)、ウナギ、ハモ、サワラ、キンキ、ニジマス、ムツ、サケ、カキ、スジコ など…

EPA … 抗血栓作用があり、高血圧や高脂血症、皮膚炎を予防する
血液中の悪玉コレステロール、中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがある。
<多く含まれる食材>
マグロ、ブリ、サバ、サンマ、アジ、イワシ、ハマチ(養殖)、マダイ(養殖)、ウナギ、ハモ、サワラ、サケ、アナゴ、のり、スジコ など…

タウリン … コレステロール値を下げ、血圧を正常に保つ働きをする
<多く含まれる食材>
サザエ、ホタテ貝、アサリ、ハマグリ、カキ、とこぶし、赤貝、とり貝、タコ、イカ(特にスルメイカ)、カニ、エビ、タラ、舌ビラメ、ヒラメ、赤ガレイ、カツオ、アンコウ、サバ、アジ、イワシ、メバル など…

アリシン … 血行をよくし身体を温める作用があり、血栓を予防する
<多く含まれる食材>
にんにく、玉ねぎ、ネギ、ニラ、アサツキ、エシャロット、葉ねぎ、らっきょう など…

イソチオシアネート … コレステロール値や血糖値を下げたり、血液の凝固を予防する
<多く含まれる食材>
小松菜、水菜、からし菜、高菜、青梗菜、クレソン、キャベツ、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜、大根、かぶ、ラデッシュ、かいわれ大根、ブロッコリースプラウト、ルッコラ、わさび、マスタード など…

スポンサーリンク
脳梗塞を予防するには、血中コレステロールを低下させ血流をよくする栄養成分を有効に取り入れることが大切です。代表的な栄養成分として、不飽和脂肪酸、タウリン、硫化アリル、食物繊維などが挙げられます。また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓予防効果が強力なので、日常的に取り入れたい食品です。

【EPA・DHA】
不飽和脂肪酸で、コレステロールや中性脂肪を減らす働きに優れ、動脈硬化を予防する。血液が凝固するのを防いで血栓を予防する。
白身魚よりも青背の魚に多く、深海魚よりも海の表層を回遊する魚に多い。

【タウリン】
魚介類に多く含まれる遊離アミノ酸の一種で、血中コレステロール値や血圧を下げる働きを持っている。動脈硬化を予防し、眼の網膜に働き視力の衰えを予防する。

【ナットウキナーゼ】
納豆から発見された酵素(たんぱく質)。血栓を溶かす働きに優れ、人間が生まれながらにして持っている血栓溶解酵素プラズミンよりも強力に働く。納豆菌の繁殖によって粘りの中に作り出されるので、十分に糸を引かせて食べるとよい。酵素なので加熱に弱く、70℃で失活(効力を失う)してしまう。
納豆は日本生まれの発酵食品です。消化に優れ、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。数多くの栄養素を含んでいる納豆ですが、その中でも納豆にしか含まれていない「ナットウキナーゼ」という酵素には、血栓を溶かすという優れた働きがあります。その効力はすでに証明済みで、血栓予防には安全で安価な納豆がおススメです。
酵素は熱に弱いので、効率よく取り入れるには加熱しない食べ方がベスト。
また、血栓は明け方に発症しやすいので、血栓予防のために納豆を食べるなら、
夜食べると効果的です。
食べてから8時間ほど効力がある。

【硫化アリル】
ねぎやにんにくなどに含まれる刺激臭のある香気成分。血液凝固を遅らせ、血液をサラサラにして血液中の脂質を減らす働きがある。硫化アリルの一種のアリシンには、ビタミンB1の吸収を高める働きがあり、疲労回復に効果がある。

【食物繊維】
体内で消化されない炭水化物。水溶性と不溶性があり、腸管からコレステロールが吸収されるのを防ぎ、コレステロールを体外に排出する。
●多く含まれている食材
きのこ類、海藻類、こんにゃく、野菜類、穀類など

【オレイン酸】
不飽和脂肪酸のオメガ9系(一価不飽和脂肪酸)の脂質で酸化しにくい。血中のLDL(悪玉コレステロール)を低下させ、一方でHDL(善玉コレステロール)を低下させない働きを持つ。肝臓に働きかけてインスリンの効き目を改善する作用がある。
●多く含まれている食材
オリーブ油、ごま油、菜種油など

スポンサーリンク

黒豆は、血液をサラサラにして高血圧と脳梗塞を予防し、脂肪の吸収を抑えてダイエット効果もある。黒豆は、大豆の栄養素に加えてシアニジンという大豆以上のパワーを秘めている。

シアニジンで血液サラサラ
黒豆の皮に含まれるシアニジンは、黒っぽい植物に多く含まれるポリフェノールの一種で、黒豆は特に含有量が多い。

ストレスや活性酸素や中性脂肪などにより血小板が変形し固まってドロドロ血液になる。シアニジンは、血小板を元の形に修復し、血液をサラサラにしてくれる。
それにより、血圧が下がり、脳梗塞を予防できる。その効果は、黒豆を食べてから約1時間で現れ、即効性がある。それは、シアニジンを構成する分子が小さいため、腸から吸収されやすいためである。

シアニジンでダイエット
シアニジンは、脂肪の吸収を抑えて脂肪の排出を促進する働きがある。脂肪は、腸内で胆汁酸と結合し、腸壁から吸収されやすくなる。

黒豆を一緒に摂るとシアニジンが脂肪と胆汁酸を包み込み、腸壁から吸収されにくくなる。脂肪は体外へ排出され、その代わりに体内の脂肪が使われるので、体脂肪率が減少する。

シアニジンの効果的な摂り方
黒豆の煮汁には大量のシアニジンが含まれており、煮豆の約10倍含まれている。シアニジンは、水溶性のため、水に良く溶け出す。1g中のシアニジンの含有量は、煮豆が0.36mgで、煮汁が3.57mgである。

黒豆の煮汁の作り方
黒豆120gに水2リットルを加え5時間つけておく。中火で沸騰させないようにアクを取りながら5分間煮る。ざるでこして煮汁ができあがる。

シアニジンは熱に弱く、100℃以上で壊れてしまうため、沸騰させないことが大切である。煮汁には、水溶性のイソフラボンも溶け込んでいるので、美肌効果もある。
スポンサーリンク

キャベツ:粘膜を丈夫にするビタミンUが豊富に含まれています。。胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効果があります。活性酸素を除去する効果が名qましょくの5倍になります。

玉ねぎ:臭いの元硫化アリルが血液に凝固を押え、動脈硬化や血栓を予防し血液をさらさらにします。

セロリ:カリウム、カルシウム等のミネラルが豊富です。

トマト:抗酸化作用の高いリコピンが豊富です。血液をさらさらにしてくれます。

ピーマン:ピーマンのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。八だのハリを生成し、シミを予防する作用があります。美肌作りの効果が高いです。

人参:活性酸素を消去するカロチンが豊富に含まれています。体を温める作用のあるカロチンがたっぷり含まれているので、冷え性にも効果があります。

スポンサーリンク

材料:にんにく、トマト大3個、キャベツ1/2、玉ねぎ大3個、ピーマン大1個、セロリ1本、人参1本、コンソメスープの素1個、生姜、天然塩、水2~3リットル(ミネラルウオーターか1日おいて塩素を飛ばした水)

作り方:それぞれの野菜を食べやすい大きさに切る。大きめの鍋に野菜と水1リットルを入れて、中火で20分ほど煮る。天然塩で味をと整えてからおろし、食べる直前におろし生姜を少々入れる。

スポンサーリンク

EPAを効率的に摂るために
ビタミンA
EPAの吸収率を高め、血液をサラサラにする。さらに、しっとりしたうるおいのある肌を保つ働きがある。
ほうれん草、小松菜、にら、にんじん、菜の花、うなぎ、レバー、かぼちゃ、みつば、かぶの葉

ビタミンC
EPAは酸化されやすいが、酸化を抑える抗酸化作用がある。さらに鉄の吸収を促進し、血液サラサラにする。
レモン、グレープフルーツ、みかん、キウイ、いちご、ブロッコリー、菜の花、ピーマン、かぶ、カリフラワー、だいこん、じゃがいも、さつまいも

ビタミンE
EPAの過酸化脂質(身体に悪影響を与えると言われている)の生成を抑える働きがある。

さらに血行がよくなり、女性ホルモンの分泌を促進し、老化を防止する。
かぼちゃ、アボカド、うなぎ、たらこ、あじ、アーモンド、ピーナッツ、松の実、植物油、ごま、くるみ

スポンサーリンク