uA-123456789-1 マスクの効果は沢山ありあり家族の幸せの一歩でもあります! | 未来の風を読む

マスクの効果は沢山ありあり家族の幸せの一歩でもあります!

マスクの効用効果は家族の幸せの一歩

新型インフルエンザの流行に備えて、厚生労働省では一般家庭での不織布マスクの備蓄を勧めています。皆さんのご家庭では、マスクの備蓄のご用意がありますか?
今回は、マスクの役割と効用を改めてご紹介します。

スポンサーリンク

●感染を予防する
インフルエンザは、空気中に漂っているウイルスを吸い込むことによって感染する、飛沫感染が主な感染経路とされています。
感染を防ぐためには、人ごみを避けるなど、できるだけウイルスと接触しないことが一番ですが、やむを得ず外出する際は必ずマスクをするようにしましょう。

スポンサーリンク

●咳エチケット 
発症してしまった場合も、咳やくしゃみによって周囲に感染を拡大しないために、マスクの着用が勧められています。周りに咳やくしゃみをしている人がいたら、「咳エチケット」としてマスクの着用を勧めましょう。市販の不織布マスクでも、ある程度ウイルスの拡散を防ぐ効果があります。
予防と発症したときのために、一人20~25枚の備蓄が必要とされています。是非ご家庭の救急箱をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

マスクの効果

マスクが最も効果を発揮するのは咳やくしゃみのある人がマスクをつけた場合です。風邪やインフルエンザ患者は1回の咳で約10万個、1回のくしゃみで約200万個のウイルスを放出すると言われています。そこで、患者がマスクをつけることでこれらを含んだしぶきによる周囲の汚染を減少させることができるのです。

スポンサーリンク

風邪やインフルエンザに罹らないためにマスクをつけても、その効果は限定的とされています。なぜなら、顔とマスクとの間に隙間があり、ウイルスを含んだ飛沫の吸入を100%防ぐことはできません。また、ウイルス自体の粒子径は0.1~0.2μmですが、咳やくしゃみではウイルスに水分やほこりが付着し、粒子径は5μm以上とやや大きくなるため、すぐに短い距離に落下し、空間をただようことはないからです。

スポンサーリンク

さらに、環境や衣類に付着したウイルスが手によって呼吸器に運ばれ感染する場合もあり、マスクだけで風邪やインフルエンザのウイルスを確実に遮断することはできません。ただし、風邪やインフルエンザ患者の近くで看病するなど咳やくしゃみのしぶきを直接浴びる可能性がある場合には予防効果があると考えられます。
スポンサーリンク



スポンサーリンク