uA-123456789-1 目の疲れ解消は4か所のツボを押すだけでいいのです! | 未来の風を読む

目の疲れ解消は4か所のツボを押すだけでいいのです!

目の疲れに効くツボ

目が疲れたと感じたときは、休ませてあげることが一番ですが、短時間でリフレッシュしたい場合は、どこでも簡単にできる、マッサージやツボ押しがおすすめです。

●太陽(たいよう)
こめかみ辺りのくぼみにあるツボです。指の腹で、はじめは軽く、だんだん強くしていきます。目の疲れだけでなく、頭痛などにも効果があります。

スポンサーリンク

●睛明(せいめい)
目頭のすぐ内側にあるツボです。目を閉じて、眼球を押さえつけないよう注意しながら刺激します。片手の親指と人差し指で、鼻筋をつまむようにしてマッサージしてもよいでしょう。

スポンサーリンク

●承泣(しょうきゅう)
目の下の骨の中央にあるツボです。あらゆる眼精疲労に効果があると言われています。

スポンサーリンク

●攅竹(さんちく)
眉毛の内側の端の部分にあるくぼみです。左右の親指の腹などで上に向かって押し上げるように刺激します。目の疲れやドライアイなどに効果があります。

スポンサーリンク

ビタミンで解消しよう

ビタミンB1は目の疲れの解消に大活躍

目の疲れは、目をとりまく筋肉の疲れともいえます。ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあるので、目の疲れを解消するのに役立ちます。また、ビタミンB1は、目の神経が正常に働くためにも重要な役割を果たしています。
目が疲れることの多い人は、ビタミンB1不足を疑ってみてください。「きちんととっている」と思っていても、ビタミンB1は飲酒などでも消耗されます。不足には十分に気を付けましょう。
また、目に充血が起こっていたら、ビタミンB2不足の信号かもしれません。

スポンサーリンク

水晶体には多くのビタミンCが必要です

正常な目の水晶体(レンズ)には多くのビタミンCが含まれています。野菜や果物をあまり食べない人は、水晶体のビタミンC含有量が少なくなります。
目の疲れを取るためには、ビタミンB群の他にビタミンCも必要です。

こちらもチェック!

目の網膜にある細胞には光を感じる物質があり、そこで活躍しているのがビタミンAです。ビタミンAが不足すると、暗いところで目が良く見えなくなります。

スポンサーリンク

目の疲れを取る簡単マッサージ

パソコンや読書、お仕事などで疲れた目を1日の終わりにマッサージで、軽くほぐしておきましょう。
強過ぎず、ソフトに押すのがポイントです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク