uA-123456789-1 長生きな健康生活は年代にあった食事がコツだと言う話を説明します | 未来の風を読む

長生きな健康生活は年代にあった食事がコツだと言う話を説明します

知らないと損する・「年代に合う食事」とはこれで決まり!!

スポンサーリンク

長生き人生100年時代を生き抜くため貴方に提案すえう「年代に合う食事」とは?

「今は人生100年時代。50歳といえば、人生のほんの折り返し地点です。心身ともに健康で過ごすことができる「健康寿命」を延ばすためには、食生活の見直しがとても大切です」

「特に女性は、50歳前後からホルモンバランスの乱れで更年期障害に悩まされたり、なんらかの生活習慣病が診断されるなど、体の変化を感じやすくなります。

そのため、更年期に入っても若いころと同じ食事を続けていては、体に無理が生じてしまいます。中高年には中高年に合った栄養の取り方があり、それによって体調をコントロールすることも可能となるのです」

スポンサーリンク

50代以降の女性に特に気をつけてほしいのは、「血管」「筋肉」「骨」「肌」「腸内環境」の5つの健康だという。

「動脈硬化が悪化して引き起こされる心筋梗塞や脳梗塞は、50代から増加します。動脈硬化とは、本来ゴムのように柔らかい血管が硬くなったり、

血管壁の内側にコレステロールがたまることで血液の流れが悪い状態を指します。動脈硬化を防ぐためにも、血管をしなやかにし、血流をサラサラにする食材を取るようにしましょう」

スポンサーリンク

ほかにも50代から加速する体の変化に、筋肉量や骨密度の減少、腸内環境の悪化、肌の老化などが挙げられるが、いずれも食事を見直すことで、予防・改善が望めるという。

「筋肉を維持するためには良質なタンパク質、骨密度を保つにはカルシウムなどのミネラルとビタミンD、腸内環境を整えるには食物繊維、肌の老化にはビタミン類など、それぞれ必要な特有の栄養素があります」

スポンサーリンク

■調理方法やタイミングで栄養効果は変わってくる

ぜひ意識的に栄養を取りたいものだが、そのためにはどういった点に気をつければよいのだろうか。赤石先生は次のように解説する。

「組み合わせや調理方法、食べるタイミングなどで食材の栄養吸収率が変わったり、栄養効果の出やすさに変化が生じます。また、当たり前のように捨てられる部分に栄養素がたくさん含まれていることも。“”栄養を捨てない食べ方“を心がけることで、食事による健康効果は大きく異なってきます」

スポンサーリンク

まずは大豆の栄養パワーを味方にすることを推奨する。

「更年期の女性に積極的に取ってほしいのが大豆食品です。大豆は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富ですが、そのほかにも良質な植物性タンパク質、食物繊維、カルシウムなどのミネラル、ビタミン群など、多くの栄養素を含む“スーパーフード”といえます。血液をサラサラにするほか、ストレス解消効果も得られるので、効果を取りこぼさないようにしたいですね」

スポンサーリンク

私が絶対おすすめするのが魚。

「干物は塩分が高いので、その点さえ気をつければ、どの魚もおすすめです。缶詰は鮮度のいいうちに加工されており、骨ごと食べられるので効率のいい食材です」

きのこ類、海藻、卵も栄養価が高くおすすめ。そして野菜・フルーツはできるだけ皮ごと食べよう。

「皮をむいたり、根を切り落としたりする人が多いですが、野菜やフルーツは皮や根の部分に抗酸化作用の強いポリフェノールが多く含まれています」

長生き人生、心身の健康を保つために“年代に合った食事”を意識しよう!



スポンサーリンク

スポンサーリンク