uA-123456789-1 お風呂の入り方で元気で快適な毎日を手にいれましょう! | 未来の風を読む

お風呂の入り方で元気で快適な毎日を手にいれましょう!

お風呂の入り方

一般的に、日本人はお風呂好きと言われています。皆さんそれぞれお好みの入り方があると思いますが、お風呂も入り方によって効果が異なることをご存知ですか?
今回は、お風呂の入り方をご紹介します。状況に合わせた入浴法で、健康づくりにもお役立てください。

スポンサーリンク

●低温浴(36℃~38℃)
体が疲れているときやリラックスしたいときは、ぬるめのお湯に長時間浸かるのがおすすめです。副交感神経の活動が活発になり、心身ともリラックスできます。また、血行がよくなり体が芯から温まりますので、安眠を助ける効果もあります。
長時間浸かる場合は、体に大きな負担がかからない半身浴をおすすめします。

スポンサーリンク

●温浴(39℃~42℃)
熱めのお風呂は、交感神経を刺激し、体が活動体制に入ります。そのため、朝起きたときや気分をリフレッシュしたいときなどに短時間浸かることをおすすめします。
ただし、ご高齢の方や高血圧の方は体に負担がかかりますので、避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

●シャワー
シャワーの水圧も、自律神経を刺激します。心臓に負担がかからない足などから、少し熱めのお湯をかけます。
朝、時間がないときなどに、効果的に利用しましょう。

スポンサーリンク

お風呂に入るだけで美容効果を得られますが、次のように工夫することで、さらに美容効果を高められます。

お風呂の温度はぬるめの38~40℃くらいに
お風呂の温度は38~40℃程度のぬるめがおすすめです。熱すぎると身体の芯から温まる前にのぼせてしまうでしょう。そして必要な皮脂まで落ちてしまい、肌が乾燥しやすくなります。

入浴剤でリラックス
お風呂のリラックス効果は、血流を促したり自律神経を整えたりすることで、美容効果をもたらします。入浴剤を入れることでリラックス効果が上がるでしょう。自分の好きな香りの入浴剤を選ぶと楽しく続けやすくなります。炭酸ガスの効果で血行を促す入浴剤など、美容効果を高めることに役立つ入浴剤もあります。

スポンサーリンク

入浴時間は15~20分くらいがベスト
入浴時間は15~20分程度がおすすめです。汗をかく前に浴槽から上がるようなイメージです。あまり長時間つかると肌が乾燥しやすくなるため、肌のうるおいを保つためにも適度な時間、入浴することが大切です。

お風呂に入る前にしておきたい美容のためのルーティーンって?
お風呂に入るだけでキレイに。美容効果を上げるお風呂の入り方

入浴前に少し工夫するだけで、お風呂の美容効果を高められます。どれも短時間でできるので、今日から取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コップ1杯の水を飲んで乾燥を防ぐ
入浴では、ぬるめの湯につかっていても水分を消費します。水分が不足すると肌が乾燥しやすくなるため、入浴前にコップ1杯の水を飲みましょう。

軽めのストレッチをして筋肉の緊張をほぐす
お風呂につかると筋肉の緊張がほぐれます。事前に軽めのストレッチで筋肉の緊張をほぐしておくことで、さらに筋肉の緊張がほぐれやすくなります。さらに身体も温まりやすくなるため血行改善にも繋がりますよ。

スポンサーリンク

ドライブラッシングをして血流の流れアップ
ドライブラッシングとは、乾いたブラシで身体をブラッシングすることです。血行が促されるため、入浴後により大きな血流改善効果を実感できるでしょう。

お風呂に入っている間も美容タイムに。入浴中にできる美容法
お風呂に入るだけでキレイに。美容効果を上げるお風呂の入り方

お風呂に入っているときにも工夫することで、美容効果を高められます。次のような方法を取り入れましょう。

スポンサーリンク

足をマッサージする
お風呂に入っているときに足をマッサージすれば、足のむくみを解消できるでしょう。むくみの正体は血液やリンパの滞りです。身体が温まっている状態でマッサージすれば、血液やリンパの流れを効率的に促せるため、足のむくみ解消効果が高まります。

フェイスパックをする
入浴時にはフェイスパックをしましょう。肌の毛穴に入り込んだ古い角質や皮脂などを取り除くことができます。ただしフェイスパックは週に2~3回程度までにしましょう。過度のフェイスパックの使用は、肌や毛穴にダメージを与える可能性があります。

入浴剤代わりに!お風呂に入れると美容効果をアップしてくれるアイテム
お風呂に入るだけでキレイに。美容効果を上げるお風呂の入り方

入浴剤のほかにも、お風呂に入れると美容効果が高まるアイテムがあります。次のようなものを入れましょう。

スポンサーリンク

塩…(発汗作用)
お風呂に塩を入れると、身体の芯から温まりやすくなります。その結果、新陳代謝アップや血行促進効果によるむくみ解消が期待できます。さらにマグネシウムの効果で保湿効果も得られるため、まさに美容に適したアイテムです。お家にある塩を手軽に入浴剤変わりに使えるのも嬉しいポイントです。

柑橘系の果物の皮…(血行を促進)
みかんなど柑橘系の果物の皮をお風呂に入れると、身体の芯から温まりやすくなります。その結果、血流促進による新陳代謝アップが期待できます。また、みかんには血行を促すポリフェノールや保湿作用のある成分が含まれています。

スポンサーリンク

日本酒…(冷え性改善)
日本酒をお風呂に入れると、身体が温まりやすくなるといわれています。ただしアルコールが含まれているので、肌に刺激を感じた場合は使用をやめましょう。

お風呂のあとの美容ケアを見直し
お風呂に入るだけでキレイに。美容効果を上げるお風呂の入り方

美容を心がけるのであれば、お風呂に入ったあとのケアにも力を入れましょう。次のようなケアがおすすめです。

スポンサーリンク

ストレッチ
ストレッチには、血流を促したり筋力を高めたりする効果が期待できます。筋肉がつくことで基礎代謝が高まり、痩せやすい身体をつくる第一歩になります。基礎代謝は活動していないときのエネルギー代謝のことで、筋肉量が多いほどに基礎代謝も高まるのです。

首や腕を回したり、前かがみになったりと、全身をストレッチしましょう。

水分補給
お風呂前にコップ1杯の水を飲んでも、お風呂から上がるころには身体の水分が消費されているため、再び水分補給することが大切です。水分補給せずにいると肌が乾燥する可能性があります。

スキンケア
入浴後は肌の水分が失われているため、しっかりスキンケアすることが大切です。また入浴後は美容成分の浸透力がアップしていることもスキンケアが重要な理由です。化粧水や美容液で水分や美容成分をしっかり補給し、乳液やクリームで仕上げましょう。

スポンサーリンク

ボディの保湿
お風呂あがりには、顔だけではなく身体も保湿することをお忘れなく。身体も顔と同じく乾燥すると肌トラブルのリスクが上がります。ローションタイプの保湿剤であれば、手軽に身体を保湿できるでしょう。しっかり保湿すれば、もちもち肌を手に入れられますよ。

まとめ
お風呂に入るときは、美容効果を高められるように準備しましょう。少しの工夫で美容効果を高められるため、美を追求する方は試してみてください。またお風呂に入った後は、しっかり保湿ケアをして、もちもち肌に仕上げましょう。毎日、美容効果を高めた方法でお風呂に入れば肌トラブルのないキメの整った肌を目指せます。



スポンサーリンク