uA-123456789-1 未来の風を読む - パート 4

リウマチの痛みからくるストレス。どう対処すればよいのでしょう?

痛みの意味を理解しましょう。痛み止めに頼りきらずに養生できます。これまで私は機会あるごとに、消炎鎮痛剤の健康被害について指摘してきました。だからといって「痛み止めを絶対に使ってはいけない」と言っているのではありません。薬には、直接症状を抑えこむだけでなく、体を楽にして安心感をもたらす効果もあります。こうした薬のメリットをすべて否定しているわけではないのです。

アトピー性皮膚炎:ステロイドをやめたがリバウンドで挫折しそうです

ステロイド離脱の専門家にサポートしてもらいましょう。アレルギーとは、ある特定の物質にたいして過敏に反応することを指し、アレルギーの原因となる特定の物質を、抗原(アレルゲン)と呼びます。なにが抗原になるかは人それぞれで、卵やそばなど特定の食品、花粉、ダニ、ハウスダストなど、さまざまなものがあります。

ぜんそくの発作が不安でたまりません?自分の力で治すよう努力!

副交感神経の過度な働きを、運動などをして抑えましょう。気管支ぜんそくはアレルギー性疾患の一つです。発作を誘発するアレルゲン(抗原)には、ダニや花粉などの異種タンパク(自分の体にはないタンパク質)、ハウスダスト、化学物質、環境汚染物質など、人によってさまざまです。

便秘薬が効かなくなった?常習性便秘ストレスで交感神経が緊張が原因!

浣腸の常用はやめましょう。排便反射を損ないます。私たちがとった食べ物は、食道から胃、小腸(十二指腸→空腸→回腸)へと送られ、小腸で栄養素や水分の9割が消化吸収されます。残りは大腸(盲腸→結腸→直腸)に送られ、さらに水分が吸収されて固められ、一定量まで蓄えられた後、蠕動(ぜんどう)運動によって腸管を移動し、肛門から便として排泄されます。

胃潰瘍の再発予防にピロリ菌の除菌を勧められています?制酸剤をやめること

近年、胃潰瘍の元凶として、「ヘリコバクター・ピロリ菌」がやり玉にあがっています。ヘリコバクター・ピロリ菌は特別な菌ではなく、60歳以上の人の8割以上が胃の中に持っている常在菌です。では、60代の人の8割以上が胃潰瘍になっているかといえば、そんなことはありません。つまり、胃潰瘍の原因を、この菌にすべて負わせることには無理があるということです。

脂肪肝:中性脂肪は低いのに脂肪肝。健康的な食事をしているのになぜ?

一般に脂肪肝の目安とされるのは、肝臓内の中性脂肪が5%を超えた場合です。肝臓の重要な働きの一つに、糖質、脂質、タンパク質などの栄養素の代謝があります。食事に含まれる脂質は腸で吸収されたあと肝臓に送られて中性脂肪に合成され、一部は肝細胞(肝臓を構成する細胞)の中に蓄えられます。肝細胞中に脂肪が過剰に蓄えられた状態が脂肪肝です。

糖尿病:血糖値が安定せず不安な日々を過ごしています?副交感神経を刺激する

食事に気をつけ、体を動かしてエネルギーの摂取量を調節し、薬を服用する。一見理にかなった治療に思えますが、現実には「血糖値が下がらない」「コントロールできない」「薬をやめると血糖値が上がってしまう」と嘆く患者さんが少なくありません。なぜでしょう? その理由は、ストレスによる自律神経の乱れが糖尿病を引き起こしているという重要な視点が、治療に組み込まれていないからです。

うつ:過労と経済不安からうつに。今後の生活が不安です?体を温めましょう

現代医学では、うつの原因として、セロトニンやノルアドレナリンなど脳内の神経伝達物質の不足をあげています。これらの脳内物質は、意欲や活力などを伝達する働きがあるため、不足すると憂うつ感を招くというものです。しかし、私はこの憂うつ感の原因は低体温であると考え、治療の柱は体を温めることだと思っています。

パニック障害:5年前からのパニック障害を克服したい?身を守る現象です!

現れた発作を悪者扱いしないことが大切です。予期しない衝撃的な出来事に遭遇すると、誰しもパニックにおちいります。しかし、パニック障害は、これといった出来事がないのに、パニック発作が起こる病気です。発作の現れ方はさまざまで、突然胸がドキドキしたり、息苦しくなったり、めまいがして立っていられなくなったりします。

NO IMAGE

緑内障:薬を使わずに自力で眼圧を下げたい。今後の緑内障が心配?

ストレスを減らし、副交感神経刺激で眼球内の循環をうながしましょう。眼球内では、房水(ぼうすい)という液体が産生され循環しています。房水は眼球を内側から圧して、眼球に一定の張りを与えています。この張りを眼圧と呼び、通常は10~21㎜Hgに保たれています。

スポンサーリンク