uA-123456789-1 未来の風を読む - パート 4

美容習慣は60歳を過ぎたら5つの事を辞めるべきです

あなたが60歳の後に使用をやめるべきである5つの美容習慣を提案します。20代と30代で使っていたのと同じ高価な美容製品を今でも使っていますか?60歳になったときにやめるべき5つのことを見て、年齢とともに来る美しさについて考えてみましょう。 「専門家は、止めるべき5つの美容習慣を提案しています。

アロマテラピーのメリットは沢山あるので使った者勝ちです!!

私自身は、第一に生活を楽しくすることだと思っております。心身の疲労を癒す効果が存分にあるアロマですから、メリットは無限に存在しております。では、デメリットは…というと。具体的な問題ですと、 金銭的に高くつく と言えます。 アロマを始めたばかりの方でしたら、アロマテラピーに嵌ってしまうと、 エッセンシャルオイル代だけでも相当なものになります。

便秘は腰痛を引き起こす可能性があります!

下痢や便秘によって、大腸におけるS状結腸や回盲部と呼ばれる部位の筋肉及び筋膜が癒着すると、腰痛が発生します。 S状結腸や回盲部はどちらも腰椎のすぐ近くにある大腰筋と近しい関係にあることから、便秘や下痢といった症状が腰に負担をかけてしまうのです。 腰が痛いときは腸をケアすることが解決に繋がることも考えられます。

インフルエンザの有効性ですが実は効果が疑われています!?

「インフルエンザの予防接種はコスパが良いのか?」価格に比べて有効性がどうかという質問ですね。まず、価格ですが、市町村によっては65歳以上の方の接種を公費負担で行っています。また、市町村が独自の助成事業で行っている場合もあります。要するに、65歳以上は、予防接種法に基づく定期インフルエンザ予防接種の対象者なのです。

血圧が高くても血圧の薬(ロキソニン)の医者は飲まないのです!

私は血圧が高いのですが、薬は一切飲みません。なぜなら血圧は低いほうがいいと言う医者は少なく無いからです。歳をとれば誰でも、血管が固くなります。なので、身体に異常がなくても血圧は上がるのです。つまりこれはこれは自然なことなのです。結論から言えば、高齢者にはあえて血圧を下げる降圧剤を使わなくてもいいのです。

カップ麺を本当は食べてはいけない危険な医療のはなし

カップラーメンを食べ続けることで、さまざまな病気を発症する可能性もあります。メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧や高脂血症、さらに脳卒中や脳梗塞や心筋梗塞になってしまうリスクが高まるのです。カロリーは多く含んであっても栄養価はほとんどないため、食事としてカップラーメンを摂っていても栄養失調になる恐れもあります。

ペット飼うのは危険?ペットからのヒトへの病気伝染のお話です

この言葉を目にするのは初めての方もいらっしゃると思いますが、「動物由来感染症」とは、動物から人間へうつる感染症をあらわす言葉です。犬からうつる病気で発症すると死亡率が100%といわれているのが、狂犬病です。「ペットからうつる病気は動物由来感染症ともいわれます。

マクドナルドのポテトはカロリーと脂質が多い健康に注意を!

マクドナルドの商品について話題になっているのが、健康への影響です。特にマクドナルドの商品はよく槍玉に上がります。「添加物が多い」「原材料があやしい」「危険な物質を混ぜた肉を使っている」「発がん性物質を含む油を使っている」といった指摘があるからです。

「糖質0」は発泡酒や第三のビールのばあい何故危険なのですか?

最近、「糖質ゼロ」「プリン体ゼロ」「人工甘味料ゼロ」などをうたう発泡酒や第三のビールが増えていますが、普通の発泡酒や第三のビールと、いったいどう違うのでしょうか。健康を意識してつくられた発泡酒や第三のビールを分類すると、おおよそ次のようになります。

スポンサーリンク