uA-123456789-1 未来の風を読む - パート 5

「この事実に耐えられますか?」抗がん剤は、実は増癌剤だった

抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。今や日本人の死因の第1位となっている癌の治療について、アメリカ議会ガン問題調査委員会「OTA」レポートによると、現在の癌の抗癌剤による通常療法は、「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」

「えっ!まだやってないの?」・「たまねぎ氷」で見直される効能!

「たまねぎ氷」が注目されています。たまねぎをすりおろして冷やして固めたものですが、すりおろした分だけ消化吸収されやすくたまねきの効果がテキメンらしいです。<たまねぎの効能>・玉ねぎは血液中の不要な脂肪とコレステロールを溶かして無くす。その結果、動脈硬化と高脂血症を予防し治療する。

「なるほど!」一日一食は仏教の世界では聖者の食事と言われてます!

「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」という言葉があるそうです。中世の西洋には、 「一日一食は天使の生活。一日二食は人間の生活。一日三食は獣の生活」という諺があったそうです。睡眠は、体、脳、消化器官の三つの疲労回復が目的であると言われています。

医師が警鐘・花粉による“頭皮のトラブルは絶対に避けたい

今年は花粉症の症状が一気に出たという人が多いようです。花粉症の患者さんの中で、例年になく訴えが多いのが、頭皮に関するトラブルです」春は秋と並んで毛髪の生え替わる季節でもある。この時季に、花粉アレルギーによるダメージが鼻水や目のかゆみなどの症状のほか、抜け毛などの頭皮のトラブルの引き金になるのだという。

紫外線対策で今年は元気で快適生活のコツ教えます

私たちが浴びている紫外線には、肌を黒く日焼けさせるUVーAと、赤く日焼けさせるUV-Bという二つの種類があります。UV-Bの方が有害性は高く、大量に浴びると皮膚がんや白内障などを引き起こす危険があります。また、UV-Aは皮膚組織の深いところまで浸透し、皮膚の老化を早めるなどの影響があります。

スポンサーリンク