uA-123456789-1 スギ花粉シーズンは怖くない元気で快適に過ごすコツとは!! | 未来の風を読む

スギ花粉シーズンは怖くない元気で快適に過ごすコツとは!!

スギ花粉シーズンを少しでも快適に

●とうとう花粉症シーズンの到来です!
暖冬の影響か、花粉の飛散量は例年より少なめのようですが、飛散のピークが半月ほど早まるといわれています。もう皆さんの「スギ花粉対策」はお済みですか?今回は最近本当に充実してきた、花粉症対策商品をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

●スギ花粉をブロックして侵入を防ぐ
スギ花粉対策の代表格はやはりマスクです。様々な花粉症用のマスクのほかに、使い捨てマスクの表面に、花粉の付着を防ぐ液剤をスプレーする製品もあります。マスクの表面に特殊な膜をはり、花粉の付着や侵入を防ぎます。また、外出前の洋服や、干す前の布団の表面にスプレーをし、洋服やシーツの表面に花粉が付着するのを防ぐ商品もあります。花粉を家の中に持ち込まないという意味で、効果が期待できそうです。

スポンサーリンク

●侵入した花粉を洗い流してサッパリ
どんなに用心をしていても、スギ花粉はとても微小ですので、どうしても体や髪に付着したり、目や鼻に侵入されてしまいます。そのため、外出から家に戻ったら、シャワーやお風呂で花粉を洗い流すのが効果的です。外出先などで入浴が出来ないときは、「洗眼薬」や「鼻洗浄」などの商品を試してみるのもいいかもしれません。目や鼻腔内に付着した花粉や雑菌をキレイに洗い流してくれます。
こうした商品のほかにも様々な商品がありますので、いろいろ試して少しでも快適に過ごしたいですね。

スポンサーリンク

(1) マスクは効果がありますか。

マスクは、花粉の飛散の多いときには吸い込む花粉をおよそ3分の1から6分の1に減らし、鼻の症状を少なくさせる効果が期待されています。
また、花粉症でない方も、花粉を吸い込む量を少なくすることで、新たに花粉症になる可能性を低くすることが期待されていますが、風が強いと鼻の中に入る花粉はマスクをしていても増え、効果は減弱するといった報告もあります。マスクをしていても完全防備にはならず、過大に信用は禁物です。

(2) うがいは効果がありますか。いつ行うのがいいですか。

鼻の粘膜には線毛があり、粘膜の上の異物を輸送します。うがいは、のどに流れた花粉を除去するのに効果があります。
外出から帰ってきたら、かぜの予防にもなりますので、うがいをしましょう。

(3) 洗顔は効果がありますか。いつ行うのがいいですか

花粉が人間に付着しやすいのは表面に出ている頭と顔です。外出から帰ってきたら洗顔して花粉を落とすと良いでしょう。

(4) 洋服の服地はどのようなものがいいのですか。

洋服に花粉がついてしまうので、花粉飛散している時の外出時には毛織物による上着やコートは避けたほうが良いでしょう。表面がすべすべした綿かポリエステルなどの化学繊維のものには花粉が付着しにくく、付着した花粉を吸い込む量を減らすことが期待されます。

(5) めがねは効果がありますか。

メガネは花粉の飛散の多いときには、目に入る花粉を2分の1から3分の1まで減らすことができますが、眼の症状をどの程度弱くすることができるのかは明らかではありません。

(6) その他予防方法を教えてください。

花粉が人間に付着しやすいのは表面に出ている頭と顔です。頭の花粉は、帽子などで避けることが可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク