uA-123456789-1 ストレスに強い身体作りには習慣が健康と寿命を大きく左右します! | 貴方のために未来の風を読む

ストレスに強い身体作りには習慣が健康と寿命を大きく左右します!

ストレスに強い体をつくる習慣が健康と寿命を大きく左右します

スポンサーリンク

脈拍と心拍の関係は?

脈拍は、心拍動が血管に伝わった現象です。正常な状態では、脈拍と心拍は一致しており、心拍が早くなると頻脈に、心拍が遅くなると除脈として感じられます。心臓の拍動が不規則になる脈拍も、不規則な間隔で検知されます。

また心房細動、心室期外収縮などで、心臓から送り出される血液が不十分な場合は、脈拍が欠落し、不規則な脈拍として感じられます。これらが不整脈といわれるものです。動悸と不整脈は同じ症状ではありませんが、不整脈が起きたときに動悸を感じることが多いものです。

スポンサーリンク

心臓の脈拍数のお話です

「人間の体重は50kgから80kgぐらいだと思います。

脈拍数は1分間に50から80回ぐらいだと思います。

平均寿命は明治の頃は40歳です。

終戦直後は50歳平均です。

現在は男性が80歳、女性が88歳ぐらいです。

動物のゾウは体重が5トンぐらいで、脈拍数は1分間に30回前後です。

そして寿命は80歳から100歳が平均です。

では、ハツカネズミはというと、体重が25グラムで、

なんと心拍数は約600回です。

スポンサーリンク

ろころが、寿命は長くて3年歯科ありません。

簡単に言うと、心拍数が早い動物の寿命は短くて、

心拍数が遅い動物の寿命は長いのです。

人間が1分間当たり70回心臓が拍動しているとすると、

1日ではなんと約10万回となります。

1年では約4000万回動かすことになります。

スポンサーリンク

それが80年間動くとなんと30億回心臓は拍動することになります。

なんとなく直感で言うと、人間の心拍数で寿命を比較した研究からすると、

心拍数が少ない人のほうが長生きという結論のものも少なからずあります。

「運動すれば心拍数は上がります。ですから、積極的に運動などしません」

「また階段も上がりません。走ることもしません」運動は『健康の敵』と思うようになったのです。

スポンサーリンク

血圧と脈拍を測定する

「有酸素運動は健康に良いと聞いているので、積極的にジムに行って、体を鍛えています」

「ランニングや、水泳、そして自転車漕ぎ、どれも心拍数が上昇します」

「調子が良いときは運動すると心拍はすぐに早くなり、そしてすぐに戻ります」

「疲れて調子が悪いときは、なかなか安静時の心拍数に戻りません」

そして、運動を始めたときは、ちょっとした運動負荷でも、運動を終了してもしばらく心拍数が多い状態が続くのです。

つまり正しく運動をしていれば、心拍数は運動終了後に比較的早く安静状態に回復しますが、

日頃から運動をしていないと、ちょっとした運動負荷で心拍数が高い状態が続くのです。

スポンサーリンク

運動に慣れていない人が運動を始めると、最初は少々辛いです。

適切な運動であれば、そんな運動負荷に体が慣れて行きます。

上がった心拍数がすぐに下がる体になるのです。

ですから適度な運動で鍛えるほうが、一生涯の心拍数は減ると思っています

毎日血圧を測定している人は、脈拍数にも着目するといいでしょう。

いつもの脈拍よりも早いときは、前の日に無理をしていることが多いのです。

そんな生活を顧みるために血圧と脈拍を測定することは特に有益と思っています。

スポンサーリンク

「脈拍は交感神経が興奮しても早くなります。つまり、脈拍数そのものが体に害があるという可能性があります。

過剰な交感神経の興奮が体に悪影響を及ぼしている可能性があります。

ストレスがあれば脈拍数は上昇します。

ですからストレスに強い体をつくる必要があります。

脈拍数が上がるから、散歩もしないのではなく、少々の運動でもあまり脈が速くならない体をつくる。

脈が速くなっても運動をやめれば、比較的早く安静時の脈拍数に戻る。

そんな体をつくることが大切なのです」

適度なストレスを体感する
常識君のコメントです。

「ストレスに対応するには、ストレスから逃げるのではなく、ストレスに強い体をつくることです。

スポンサーリンク

適度なストレスを体感したら、そしてそれに強い体をつくることも必要なのです。

結論は脈拍数は早いよりは遅いほうが良いと思っています。

心臓の病気があって脈が遅くなる場合を除いて、脈は健康の指標のひとつです。

脈をゆっくりにする方法のひとつが、適度な運動であると思っています。

そして早くなった脈を安静時の状態にすぐに戻すためにも、適度な運動が必要なのです。

ですから適度な運動は健康には有益と思っています」



スポンサーリンク