uA-123456789-1 低血圧を改善する簡単な方法を伝授します! | 未来の風を読む

低血圧を改善する簡単な方法を伝授します!

簡単に誰でも低血圧を改善する方法を伝授します!

この記事では 食生活の改善 生活習慣の見直し 医師の診察を受ける 。

低血圧は、収縮期血圧が90mmHg以下または拡張期血圧が60mmHg以下と定義されており、妊娠、心臓病、重篤な感染症、アレルギー、大量出血、脱水など様々な原因によって引き起こされる状態です。

長期的な、特に無症候性の低血圧は心配ありません。

しかし、血圧が急激に低下した場合は、医師に相談する必要があります。

スポンサーリンク

食生活の改善方法

1 十分な水分を摂る

低血圧は脱水症状で起こることがあります。

そのため、水分摂取量を増やすことで、血圧の上昇が期待できる場合があります。

最低でも、250mlのコップで1日8~10杯の水を飲むようにしましょう。

屋外で運動をしているときや、症状の改善が感じられないときには、水分を多めに摂るようにしましょう。

電解質を含む健康飲料は、血圧を上げる効果もありますが、糖分の多い飲料は避けましょう。

スポンサーリンク

2 小食を心がける

1日1~2回の大食漢ではなく、少量を何度かに分けて服用することで、血糖値や血圧を一定の範囲内に保つことができます。

炭水化物を控えた健康的な食事を心がけましょう。

どうしても炭水化物を食べたい場合は、パスタや白パンなどの加工度の高い食品を避け、オートミール、全粒パスタ、全粒パン、大麦などの複合糖質を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

3 食事のバランスに気を配る

血圧を正常に保ち、体調を整えるためには、健康的でバランスのとれた食事が大切です。

赤身の肉、魚、全粒穀物を選び、果物や野菜をたくさん食べましょう。

糖分や脂肪分の多い、加工されすぎた食品は避けましょう。

多くの場合、これらの食品は塩分が高く、栄養価も高くありません。

スポンサーリンク

4 ビタミンB12と葉酸の摂取量を増やす

ビタミンB12と葉酸は、血圧を正常化し、血液の循環を良くする働きがあります。

ビタミンB12と葉酸は、栄養強化されたシリアルにも含まれています。

また、チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や魚にはビタミンB12が、ブロッコリーやホウレンソウなどの緑黄色野菜には葉酸が含まれています。

スポンサーリンク

5 アルコールの摂取量を減らす

アルコールは、たとえ適量であっても脱水症状を引き起こします。低血圧の人は、アルコールを全く飲まない方が良いでしょう。

6 カフェインの摂取

カフェインには、血管を収縮させ、血圧を上昇させる作用があります。適切な量であれば、カフェインの摂取量を増やすことで血圧の上昇が期待できます。

スポンサーリンク

7 漢方薬を試す

ハーブ療法の血圧改善効果は科学的に証明されていませんが、特定のハーブで低血圧の症状が緩和されたという個別の事例が報告されています。

これにはアニシードやローズマリーが含まれます。

これらのハーブを食生活に取り入れると効果があるかもしれません。

ただし、ハーブのサプリメントを摂取している場合は、医師に相談してください。

また、これらのハーブを料理に使っても、劇的な効果は期待できません。

意外なことに、ショウガには「血圧を下げる」効果があると言われています。

低血圧の人は、生姜のサプリメントを摂るべきではありません。

また、シナモンにも血圧を下げる働きがあります。低血圧の人は、シナモンのサプリメントの摂取も避けるべきです。

コショウにも血圧を下げる効果があります。

スポンサーリンク

方法2 生活習慣の見直し

1 姿勢をゆっくり変える

姿勢を変えたときに起こる低血圧性のめまいを軽減するために、ゆっくりと慎重に動いてください。

特に、横になっている状態から座るときや、座っている状態から立ち上がるときには注意が必要です。

2 座るときは足を組まない

足を組むと、血液の循環が悪くなります。

血液を全身に循環させるためには、足をゆったりと投げ出し、膝がお尻の幅と同じくらいになるように座りましょう。

3 定期的な運動

定期的な運動は一般的に健康に良いとされていますが、血液の促進や安定化にも役立ちます。

毎日20分程度の軽い散歩をするだけで、心身の健康を保つことができます。

低血圧のときは、重量挙げなどの激しい運動は避けましょう。捻挫や怪我の原因になります。

スポンサーリンク

4 着圧ソックスを使う

着圧ソックスは、主に脚のむくみや下半身の血液滞留を解消し、血行を良くする効果があります。

日中は低圧タイプを履いて活動すると、血行が良くなり血圧が安定します。

5 長時間の熱いシャワーを避ける

シャワーやお風呂の熱いお湯は、血管を拡張させ、さらに血圧を低下させます。

また、めまいや失神の原因にもなります。

これを避けるためには、ぬるま湯でシャワーを浴び、湯船に浸かることは避けましょう。

めまいに備えて、バスルームに手すりや椅子を設置しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

方法3 医師の診察を受ける

1 血圧の急激な変化があった場合

医療機関を受診する 正常な血圧の人や高血圧の人が、急に血圧が下がった場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

新たに発症した低血圧症は、特に糖尿病の人にとっては命に関わる症状です。

急激な血圧低下以外の症状がなくても、医師の診察を受けてください。

2 飲んでいる薬とその量を変えてもらう。

副作用として、血圧を下げる薬があります。

現在服用している薬が原因で低血圧になっているのか、薬を変えることで低血圧が緩和されるのかを医師に聞いてみましょう。

スポンサーリンク

3 病気の可能性はありますか?

検査を受ける 糖尿病、心臓病、コルチゾン欠乏症、甲状腺疾患などで低血圧になることがあります。

食生活や生活習慣を見直しても低血圧が改善されない場合は、医師に相談して病気の有無を確認しましょう。

スポンサーリンク

4 血圧を上げる薬について聞く

フルドロコルチゾンとミドドリン塩酸塩には、血圧を上げる作用があります。

これらの薬があなたの症状に適しているかどうか、医師に相談してください。

一般的には、低血圧自体は他の症状がなければそれほど心配することはないので、薬が処方されることはほとんどありません。

スポンサーリンク

5 注意すべき症状を理解する

低血圧以外にも他の症状がある場合や、正常血圧や高血圧の人が急に低血圧になった場合は、医師の診察を受けましょう。

低血圧に伴う以下のような症状がある場合は、医師に相談しましょう。

めまい
失神
集中力の低下
目のかすみ
吐き気
冷や汗、顔面蒼白
息切れがする
疲れを感じる
抑うつ症状
喉の渇き

注意事項

処方薬の服用を中止する場合や、処方薬と市販薬やサプリメントを併用する場合は、相互作用や副作用について必ず医師に相談してください。

また、代替療法を試す際にも注意が必要です。

ハーブサプリメントやホメオパシーが低血圧に効くという人もいますが、事前に医師に確認してください。

サプリメントの中には、処方薬と同時に服用すると危険なものもあります。



スポンサーリンク