uA-123456789-1 ヨガでカラダが整います!「今日からできる」簡単なヨガポーズ6選 | 貴方のために未来の風を読む

ヨガでカラダが整います!「今日からできる」簡単なヨガポーズ6選

カラダが整います!「今日からできる」簡単なヨガポーズ6選

やさしい基本整体プログラムです。

*ヨガアサナは空腹時に行なうと効果大です。風呂上がり30分後は身体が柔らかいので行ないやすいですよ。

食後すぐや飲酒後は内臓に負担がかかりますので、避けてください。

*3呼吸キープは下腹部をへこませて深く吐き、吸う呼吸は軽く吸う。

丹田を使って深い呼吸をしながらヨガを行なうと、整体効果はさらにアップし、

深い睡眠がとれるので元気が増します。

スポンサーリンク

準備整体ヨガプログラム

1 腸骨を開いて前屈

①右足を外に曲げ、左足を伸ばしてかかとを突き出し両手の平を床につける。②ゆっくり息を吐きながらゆっくりアゴを出してお腹、胸、アゴと両手を伸ばして、前屈していく。③呼吸キープ。①へ戻る。反対も行ない、やりにくい方へもう1回行なう。

効果 腸骨の開きの左右バランスと骨盤調整。

スポンサーリンク

2 腸骨を締めて前屈

①右足を内へ曲げ、左足を伸ばしてかかと突き出し②両手を足の両側に伸ばして息を吐きながらゆっくりお腹、胸、アゴと前屈する。3呼吸キープ。反対も行なう。やりにくい方へもう1回行なう。

効果 腸骨の左右のバランスと骨盤調整。

スポンサーリンク

3 合骨盤ねじり修正ポーズ

①足裏を合わせて合せきする。②ひざの高い方の足を内に曲げ、もう一方の足を開いて伸ばす。伸ばした方へ、上半身をツイストし、両手を伸ばして、吐きながらゆっくり前屈(下腹、胸、アゴの順)。5呼吸キープ。再度、合跡して、ひざの高さが左右揃ったか、チェック。揃わない場合はさらに呼吸のキープを多くすること。

効果 ひざの低い方へ、骨盤がねじれているのを修正する。(身体のねじれは、内臓の位置もねじれて、働きが悪くなる)

4 開脚前屈

両足を無理なく開き、ひざ裏を床につけ、かかとを突き出し、両手を前につき、ゆっくり、腹、胸、アゴと前屈する。3呼吸キープ、元に戻る。

効果 内転筋(太ふと腿ももの内側の筋肉)を伸ばし、腎臓、膀胱の働きを促進する(足の後ろは膀胱系、内側は腎臓系の経絡が通っている)。

スポンサーリンク

5 後屈かっこう鳥のポーズ

両手で胸の横、脇を締める。足を腰幅に開き、まず息を吐き、次に息を吸いながらゆっくり、そっていく(そりが苦手な方は両手を一手前におく)。3呼吸キープ、息を吐きながら、ゆっくり元へ戻る(それない人は両手を前にずらしてつき、そったとき、恥骨が床につくように、両手の位置を決めてください)。

効果 胸を開き、仙骨や腰椎にS字カーブを作り、骨格を調整する。

スポンサーリンク

6 シャバアサナ

両脇は卵が1、2個入るぐらい開き、足は腰巾に開く。目を閉じ、身体のどこにも緊張がないか、身体の中に意識を向けましょう。緊張している部分は少し揺らして、力を抜いてください。3分行なう。

効果 今までのポーズの効果が出て、脳波はα波になり心が安定する。たるんだ筋肉は適度に締まり、縮んだ筋肉はゆるみ、下垂気味の内臓は元の位置に戻る。

スポンサーリンク