uA-123456789-1 ぜんそくの発作が不安でたまりません?自分の力で治すよう努力! | 貴方のために未来の風を読む

ぜんそくの発作が不安でたまりません?自分の力で治すよう努力!

ぜんそくの発作が不安でたまりません (51歳/女性)

スポンサーリンク

副交感神経の過度な働きを、運動などをして抑えましょう。

気管支ぜんそくはアレルギー性疾患の一つです。

発作を誘発するアレルゲン(抗原)には、

ダニや花粉などの異種タンパク(自分の体にはないタンパク質)、

ハウスダスト、化学物質、環境汚染物質など、人によってさまざまです。

スポンサーリンク

アレルゲンを吸いこむと、体はこれを排除しようとしてせきやタンを出し、

気道(気管、気管支)の内腔を狭めます。

この反応が強くなると、息苦しさや呼吸困難を招きます。

主として夜間や明け方に、ヒューヒューゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)

やせき、胸苦しさを伴います。

アレルギー疾患は、副交感神経が過度に優位になると発症しやすくなります。

リンパ球が増え過ぎて、外界の刺激に過敏に反応してしまうからです。

また血管が開き過ぎて、血液が流れにくくなる影響でアレルゲンが体内にとどまるので、

発作は避けがたくなります。

スポンサーリンク

副交感神経が過度に優位になるというのは、楽をし過ぎる生き方といえます。

あまり体を動かさない、甘いものを好んで食べる、食べ過ぎが習慣化しているなど、

思い当たることはありませんか?

もし当てはまることがあれば、その習慣をやめることです。

できるだけ外気にあたって、スローペースでいいので散歩をしましょう。

交感神経が適度に刺激されて、副交感神経の過度な働きを抑えることができます。

スポンサーリンク

もう一つ病気の引き金になるのは、ストレスです。

副交感神経が過度に優位になると、ストレスにたいする耐性も弱くなり、

小さなことで気持ちが傷ついたり、取り越し苦労をしたり、

いろいろなことが不安に思えてきたりします。

こうした心の状態が発作を誘発します。

不安から脱却するには、その原因を突き止めることが大切です。

4年前にぜんそくが出たときのことを思い出してみてください。

なにかストレスはありませんでしたか? 思い当たるストレスがあれば、

「○○のストレスでぜんそくになった」と自覚することで、

発作が起こってもパニックにならずにすみます。

スポンサーリンク

ぜんそくの発作治療では、気管支拡張剤や抗アレルギー剤、

ステロイド剤などが用いられます。

これは対症療法で、根本的治療ではありません。

いずれも交感神経を緊張させる作用があるので、

常用すれば最終的に交感神経緊張状態が固定し、

新たな病気が上乗せされます。薬に頼り過ぎず、

自分の力で治すよう努力しましょう。体を温めることは、

治す力を高めることにつながります。積極的に体を温めましょう。

スポンサーリンク