uA-123456789-1 「安いジェネリック医薬品はお得」の根本的な疑問にお答えします | 未来の風を読む

「安いジェネリック医薬品はお得」の根本的な疑問にお答えします

「安いジェネリック医薬品はお得」の根本的な疑問にお答えします

スポンサーリンク

.
今回は、ジェネリック医薬品の話です。まず、”常識 “について説明します。
“ジェネリック医薬品 “は “後発医薬品 “とも呼ばれます。

製薬会社が開発した薬は “ジェネリック医薬品 “と呼ばれますが、特許が切れた後は、同じ成分で作られ、生物学的に同等のものです。

性試験に合格したものがジェネリック医薬品として販売される。価格は先発医薬品の70%以下、さらに安いものでも20%近くになります。

スポンサーリンク

先日、ある薬局でもジェネリック医薬品を勧められました。

薬剤師の先生は、『今飲んでいる薬と同じ成分だから、安い方がいい』

と言っていました。これからもすべてのジェネリック医薬品を服用していきます。

質問します:本当にジェネリック医薬品は先発医薬品と同じだと思いますか?

答え:薬剤師の先生は「成分が全く同じだから」と言っていました。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品の特許が切れた後に、先発医薬品を真似て作られます。

もちろん、特許を持っている部分は同じです。なぜなら、本物の模倣だからです。

スポンサーリンク

しかし、それ以外の部分。つまり、素材や製造方法が異なる場合があります。

例えば、「あんぱん」。私はあるメーカーの “あんぱん “が大好きです。

あんぱん は、老舗のジェネリック医薬品だと仮定します。

メーカーは同じでも、”パン “がまったく同じであるという保証はありません。

また、ちょっとした味付けの “ごま “も重要です。

つまり、ジェネリック医薬品と主成分は同じですが、違う可能性があるのです。

スポンサーリンク

つまり、「ジェネリック医薬品は先発医薬品と全く同じ」という薬剤師の発言は全くの誤りなのです。

ジェネリック医薬品と先発医薬品は違う常識の範囲内の発言です。

でも、値段が安い。それが大きな魅力だ。

こういう意見の人もいます。

まず、価格差がどのくらいあるのかをよく聞いて、同じものではないという認識のもとに、

ジェネリック医薬品を選ぶか、先発医薬品を選ぶかを決めてください。

そして実際にジェネリック医薬品を服用してみてください。

効果に差がないのであれば、安い方がいいですよね。

スポンサーリンク

しかし、効果に差があると考えれば、先発医薬品の方が良いと思います。

極論的には:承認の段階で確定しているのではないか?

つまりジェネリック医薬品が承認されるためには、生物学的同等性試験に合格する必要があります。

健康な人がジェネリック医薬品と先発医薬品を服用して、

主成分の血中濃度の変動が同じであれば承認されます。

つまり、効果はおろか、その他の様々な要素が全く考慮されないのです。

極論的には、ジェネリック医薬品と先発医薬品は同じではないことがわかりました。

しかし、日本の医療費は切迫しているので、医療経済的には安い薬を使った方がいいと思います。

スポンサーリンク

ですから、ジェネリック医薬品は少し劣っています。そうでなければ使ってみたいと思います。

つまり、同じ効果でかなり安い流通量のジェネリック医薬品が流通すれば良いのではないでしょうか。

私はジェネリック医薬品を否定しているわけではなく、むしろ推進しています。

しかし、ジェネリック医薬品は、実は先発医薬品とは異なります。

薬剤師の中には、それを承知で無理に勧めている人もいれば、全く同じだと思っている人もいます。

患者さんが正しい医療情報を持っていることが重要です。

そして、できるだけ薬を減らし、同等の効力を持つものであれば、ジェネリック医薬品を使用するのが良いと思います。



スポンサーリンク

スポンサーリンク